住宅ローンを住信SBIネット銀行へ借換してみた。

スポンサーリンク

こんにちは

 

なんだかんだ人がやらないことをするのが大好きです。 まわりの旦那さんは、住宅ローンってなに?金利?固定?変動?なんなの?美味しいの?のレベルなのですが。

 

マメな僕は今借りている銀行から、ネットバンクへ借換を決意したのです。いろんなことをやると経験値があがりますので、社畜サラリーマンはやるべきですよね。

 

なぜ住宅ローンの借換をしようと決断したのか?

 

な理由は以下2つです。

・今の時代って金余りで金利がめちゃめちゃ安い
・ずーっと変動金利だったため、怖いから固定に変えたかった

 

1つめは今の日本って、金利がめちゃめちゃ安いんですよね。これはマイナス金利の影響が住宅ローンにも波及しています。

 

マイナス金利は2016年1月に導入が決定しました。それから1年半以上経過していますが、まだ住宅ローンはとても低金利です。

 

ならば今の銀行から住信SBIに借換して固定金利で安心を買いたいなと。それが2つめの理由なのです。

 

今の銀行は変動金利だったんです。だって今の時代で変動金利ほど怖いものはないですよ。変動金利のリスクは以下かなと。

 

・6カ月ごとに金利が見直しされる
・金利が見直しされてもあまり意識しない(よく届いた手紙をゴミ箱にポイってやつですね)
・金利が変動しても基本5年間は支払額がかわらない。(また5年後も支払額×1.25倍ルールがあるため、利息だけ支払うというパターンにおちいる)

 

数年前ですと全体的に金利が高かったため、変動で借りても異常な金利上昇はないかと思いますが、今の低金利の時代だといつ金利があがるかわかりませんからね。。


ということで意気揚々に、既存の銀行に固定金利で借換したいから住宅ローン負けてよ~と交渉にいったのです。

 

交渉の結果・・・・「個人での金利優遇はいたしません!!」

 

むっか~・・・態度が高飛車だしけんもほろろ状態。もう借換してやる!!と心に決めたのでした。

 

 

ネット銀行の金利って、めちゃくちゃ安いの知ってました?

 

ネットバンクの金利って破格です。既存の銀行と比較すると一目瞭然なんですよ。これは僕が借りている住信SBIの2017年10月時点の金利です

 

f:id:kasuri-man:20171114221953p:plain

 

いかがです?とても安いでしょう。こんな低金利の時代なら借換をしない理由がないですよね。


変動も固定も1%を切る時代で、固定を借りないなんて人生いかに損しているか。新規でも借換でも固定一択しかないっすよ!!

 

ネット銀行だと、人と面談などなし。全てネットで完結できます。

 
既存の銀行はメンドイです。定期預金、住宅ローンの相談などは銀行窓口に行って面談しますよね。しかもやたら混んでるし、年配のかたは話が長いからダラダラダラ。

 

しかも平日しか営業していないという理不尽さ。。こんな身勝手な既存の銀行を使おうと思いますか?しかしネットバンクなら大半がネットで完結します。

 

・振込などがネットでできる。(しかも一定回数無料など。)
・投資信託、ローン、保険関係もネットでできる。
・現金の入出金はコンビニ(セブン銀行など)でできる。(一定回数)

 

住信SBIの場合、振込手数料は一定回数無料です。住宅ローンを借りている場合、ATM入出金、振込手数料が毎月7回まで無料です。

 

入出金も振込も毎月7回は多いくらいです。せいぜい2、3回くらいですね。

 

ネットバンクに替えてからは他銀行への振込のために銀行へいくことがなくなりました。ネットですぐできるというのも、ネットバンクのメリットかなと思います

 

まめでないなら、既存の銀行を使うべし。ネット銀行は書類集めが大変。

 

までは、ネットバンクのメリットを書きましたが、マメではない人にはネットバンクはオススメできません。住宅ローンの借換も僕はサクサクとやりましたが、書類をそろえるなどは大変でした。

 

・仮審査の申し込み
・売買契約書、既存銀行口座通帳、住民票などの書類の取りまとめ
・正式審査の申し込み
・ネットでの借換実行融資申し込み
・司法書士との面談による登記抹消関係の打ち合わせ
・既存の銀行からネットバンクへの光熱費もろもろの口座登録変更

 

住宅ローンの借換奮闘記はまたブログで書きますが、手間のかかる作業ではありますね。だからマメになれない人は既存の銀行とお付きあいしましょう。

 

既存の銀行は窓口で懇切丁寧に教えてくれます。書類の記載方法なども教えれくれますし、パソコンの前で悩むこともありません。

 

人によって得意不得意もあると思いますので、ネットバンクが絶対だとは言いません( ;∀;)

 

それでも住宅ローンの借換によって、自分の家計を安定させるなどの行動はするべきだと思っています。情弱でなにも考えずゴロゴロして時間をすごすのは無駄でしかありませんからね!!

 

お金の知識は身に付けた方がよい。

 

ネット銀行を使うかどうかは個人の自由ですけど、お金の知識は有る方が、人生有利に生きられます。

 

お金はいつも正しい (双葉文庫)

中古価格
¥394から
(2018/4/8 22:04時点)

僕は堀江貴文さんの「お金はいつも正しい」を読んでからお金の勉強の必要性を感じました。大人になってマネーリテラシがないと損をすることが多いでしょう。

 

www.sarari-man.xyz

 

ちなみに過去に上記記事も書いていますので併せて読んでみてください。