サラリーマンがオワコンの時代がもう来ている。

スポンサーリンク

 

f:id:kasuri-man:20171127211730p:plain

 

最近、普通のサラリーマンがやばいと思っています。ということで、なぜやばいと感じたのかを記事にしてみました。

メガバンクではリストラの嵐なのだ。

 

gendai.ismedia.jp

 

もう銀行員がやっている仕事は、人工知能がやってくれるんですね。今までは人が書類をチェックしていたりしていましたが、そういう事務作業は人工知能があればやってくれるみたいです。

 

確かに単調な作業はミスの多い人間に任せるよりも、間違いのないコンピュータに任せてしまうのがベターでしょう。

 

しかし儲かっていた時代は、無駄に人を雇うのも問題はなかったのでしょうね。今でも支店にいくと窓口で「いらっしゃいませ。」と立っているおばちゃんもいます。

 

こんな人、いらねーよと思うのですが、銀行も無駄に人を雇うだけの余裕があったのです。

 

しかし政府のマイナス金利政策による収益減少、また金融庁による投資信託、銀行カードローン、アパートローンなどの行政指導などをうけ銀行の価値がなくなってます。

 

本当に銀行って何をするの?ってところまで落ちぶれてしまっています。ということは近いうちに、銀行は支店などが統廃合され最終的には本店だけしか残らないかも。

自動車産業も崩壊がせまっている。

 

自動車産業もおなじです。カーシェアの推進などで国内需要は頭打ちとなっています。またEV車への方針転換でガソリン車の市場は年々縮小されていっています。

 

となると既存のトヨタなどの自動車メーカー、エンジン部品大手のデンソーなどは現在のような需要はなくなるため、衰退することは予想できますよね。

 

もちろん明日、明後日にすべてがEV車にはならないですし、ガソリン車も当分需要は続くでしょう。

 

でもいつかは自動車がすべてEV車になる可能性も否定できません。EV車になるとどこの会社でも簡単に作れるのでしょうね。


アメリカのテスラのような、ベンチャー系が大企業にばけるかもしれません。そうなると本当にサラリーマンはやばいですよね。


銀行、自動車に限らず、我々の会社もいつなくなるかわからないです。

となるとサラリーマンがやばい時代が到来する。

 

大企業の生き残りが厳しくなるという事は、サラリーマンがやばいということでしょう。

 

良い例として、東芝でしょうか。先般の原発事件のあおりを受けて、かなりの賃金カットをしています。

 

そうなるとサラリーマンは、プライドが高いですので、今の生活水準を落とすことに抵抗を示すでしょう。

 

ゴルフはしたい、子供に塾はいかせたい、まだ家は手放したくないなど・・・あらゆる欲望を切りはなすことができない状態となる。

 

しかし給料は減りますので、サラリーマンはマイルドヤンキーたち(日雇いのおっさんみたいな)の生活水準まで落とさざるをえません。

 

しかし中途半端にプライドが高く、生活水準の高いサラリーマンはマイルドヤンキーレベルまで生活水準はおとせません。

 

結果として、サラリーマンは生き残れず滅亡します。

周りのサラリーマンと差別化せよ。

 

今でも大企業自慢するバカがいますが、もう大企業の肩書きで生き残れません。(未だに理解していない人が多いのよね。。)

 

だから自分自身のスキルを磨いていくしかないのです。その為にも人と違うことをして差別化していきましょう。

 

いきなり変わることも無理ですので、生活サイクルを変える、通勤ルートを変えるとかでもいいと思います。

 

毎日意識をかえて生活しないと本当にやばいです。朝から晩まで仕事して「オレはがんばってるんだ!!」と残業しても自分のスキルなんて身につかないからね。

 

www.sarari-man.xyz

 

この記事を読んで、何も感じなければ、あなたは洗脳されて、奴隷化されている可能性が高いです。まず洗脳を解くことから始めた方がいいです。

 

そうやって意識を変えていかないと、会社と一緒に沈没しますよ。