会社の飲み会はやはり無駄であった

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20171203191431p:plain

夏に差し掛かって、ビアガーデンとかの季節になりました。また7月1日付けの人事異動とかで、社内イベントが多く飲み会も多くなりそうな予感。

 

アルコールが好きなひとは週3~4日程度飲み会がつづくこともあるようですが、僕からしたら信じられない。(そこまで時間もお金もない。)

 

僕は会社でも友人でもめったに飲みにいかないため、新年会は多くても1回程度です。めったに会社の人とと飲みにいかないようにしてます。(無駄ですので。。)

 

これを友人に言うと、ビックリされますが、飲みに行かないことを決めているので逆に飲みにいく人の気持ちがあまりわからないかな。

会社での飲み会と仕事がどう関係あるのかがよくわからない。

 

最近の若者は会社の飲み会に来ない、また無理にさそうとパワハラに抵触するおそれもある。

 

だから若者を飲みに誘うときは、強制ではなく本人の思いを尊重して誘おうみたいな風潮があります。僕はこれを聞いて不思議でなりません。

 

飲み会来る来ないで悩むところなのかね?

 

別に行きたいやつがいって、行かないやつはいかなければいいだけの話なのでは?

それをいい歳したおっさんがグダグダ悩むことでもないのです。

 

どうも年配のひとは飲み会をすると、結束が高まる、関係が深まると思いこんでいますが飲み会しても結束なんか変わらないんですよね。

 

それなのに社畜リーマンは飲み会をすれば、チームとして上手くいくと思いこんでいるようです。

飲み会ははっきり言って時間の無駄、それなら自分の時間に投資せよ。

 

だから飲み会してる暇があるなら自分の時間に振り向けて努力するべきなんです。本をよむ、ネットで調べる、勉強する・・・なんでもいいんです。

 

自分に時間を投資してすこしでも成長させましょう。だって会社で飲み会しても自分は成長しないですよね?

 

おっさんも若者の時間を奪って飲みにいかせても意味がないことに気づかないことがイタイです。

 

このIT化されたスマホ全盛時代に顔をつきあわせて、ダラダラ飲み会してもお金ももったいない、時間ももったいないということにみんなが気づいてほしいですね。

 

www.sarari-man.xyz

 

とりあえず飲み会を断れない、あなたは「会社の飲み会を断るテクニック」を読んでみてください。