旦那の小遣い制度はあきらかにおかしい

スポンサーリンク

こんにちは

年末にもなり忘年会が多い季節となりましたね。またサラリーマンですとボーナスの支給もあったでしょう。

今日はそのなかで小遣い制度について思うところがあり書いてみました。

f:id:kasuri-man:20171211224713j:plain

1.毎月の小遣い〇〇円、ボーナスで△△円

大半の旦那さんがこういう小遣い制度のようです。ボーナス時に5万円もらってうれしい~とか、臨時で1万円もらってテンションがあがった~などの話を聞きます。

しかしそれでいいのか?と。。

それでもサラリーマンとして、働いている本人がお金を管理していないことに違和感を感じます。

たかが数万円もらってうれしいの?

毎月数万のはした金をもらうために、あなたは働いているのでしょうか?

奥さんとの力関係があるかもしれませんが、毎月の小遣いとボーナスのときの臨時小遣いで喜んでいることは恥ずかしいですよ。

2.給料は旦那が管理するべきですよ

ぼくは旦那が給料管理するべきだと思ってます。とくに奥さんが専業主婦であるならなおさらです。

まがりなりにも旦那は外に出ています。最低限の金融リテラシーと市場感覚は持っているでしょう。

逆に専業主婦の奥さんが市場にふれることはないです。となると旦那が家計管理したほうがうまくいくと思いませんか?

3.別に小遣いをあげろとか好きに使わせろと言っているわけではない

家計管理したからといって小遣いを10万円にしろとか言ってません。自分で管理させて給料の運用をさせてほしいのです。

実際にぼくは妻の了解をえて自分で家計管理しています。それでも無駄なことにお金を使ったりはしません。

大半は家族で食事にいくなど家族で意味のあることにしか使いません。

自分で家計管理することで金融リテラシーも身につきますし、家計管理の運用テクニックもみにつきます。

また、無駄な固定費がたくさんあるんだなと気づき、我が家では、生命・医療保険の未加入、格安スマホなど固定費は最低限におさえてます。

だから家計管理は旦那さんがやりましょう。そのほうが絶対にうまくいくはずです。(ただ、金遣いの荒い旦那が家計管理したらだめですよ。)