Zaifトークンの将来性についてかいてみました。

スポンサーリンク

 

f:id:kasuri-man:20171218213940p:plain

こんにちは

とうとうZaifトークンが吹きましたね!!

ずっと0.4~0.5円をヨコヨコしてましたので喜びもひとしおです。

12月17日に4.3円をつけ、25日時点では2円前後をウロウロしていますが、次は5円を超えて未知のステージにむかうことは間違いありません。

今回はZaifトークンの将来性についてかいてみました。

↑↑↑

Zaif取引所の登録はこちらから。

1.Zaifトークンとは?

Zaifトークンとは、テックビューロ - Wikipedia(Zaif取引所を運営している。)が発行しているトークンのことをいいます。 

f:id:kasuri-man:20171224134803p:plain

上記の朝山社長がテックビューロ(Zaif取引所)を設立しています。また有名な堀江貴文氏もZaif取引所設立に関与していたともいわれております。

Zaifトークンとは、テックビューロが発行しているトークンです。

※トークンとは会社の株式のようなものと思ってください。

だからテックビューロの市場価値が上がれば、Zaifトークンの価格が上がると考えていいでしょう。

2.2016年7月にZaifトークンは上場された。

Zaifトークンは2016年7月頃、Zaif取引所に上場されました。

f:id:kasuri-man:20171224141122p:plain

いきなり初値で5.2円をつけましたが、2016年は上場ゴールの影響で1円近辺をウロウロする形となりました。

しかし2017年にはいると、仮想通貨ブームとは反対にZaifトークンは価格の下落傾向がはじまります。

ひどいときは0.1円を下回るくらいの安値まで落ち込む時期もありました。

しかしテックビューロへの期待およびZaif取引所がメジャーになったこともあり、12月17日には4.3円をつけるまできました。

12月24日時点では2円をきる価格帯で推移していますが、サプライズニュースが出れば飛ぶことは間違いないでしょう。

3.Zaifトークンは価格が安いこともあり、今後価格が上がることは間違いなし!!

Zaif取引所のトークンの中でも、Zaifトークンは格段に安いです。

12月25日時点ですと、ビットコインは170万円、モナコインは1250円、海外のトークンであるペペキャッシュでさえも10円をつけています。

よってZaifトークンがいかに現時点で割安であるかわかりますよね?

ぼくは200万Zaifトークン保有しています。これが50円になれば1億になるんです!!

夢があると思いませんか?

4.ZaifトークンはZaif取引所でしか買えません。

またZaifトークンはビットフライヤー、コインチェックでは購入できません。

Zaif取引所でしか購入ができないのです。

まだ割安状態でヨコヨコしているZaifトークンが暴騰しないわけがないと思いませんか?

またビットフライヤー、コインチェックと違いZaif取引所は、売買手数料がかかりません。

例えばビットフライヤーですと170万円のビットコインを買う場合、170万円では買えません。大体ですが175万円くらいで買うことになります。

逆に170万円のビットコインを売りたい場合、売値は大体165万円となります。

ようするに中抜きとしてビットフライヤーが5万円手数料をとるのです。

※これをスプレッドといいます。

このスプレッドがZaifにはかかりません。ようするに現物取引ができてしまうのです。

だから手数料がかからない、また将来性抜群のZaifトークンは非常におすすめです。

↑↑↑

Zaif取引所の登録はこちらから。

みなさんもZaifに登録して、Zaifトークンを買ってみませんか?