ZAIFトークン(ZAIF取引所)のロックアップは期待だね!!

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180115221949j:plain

こんにちは。

ZAIFトークンのロックアップされた分が2月中旬頃にNEMプロトコルへ移行します。

ということは??いよいよZAIFトークンも発射準備段階に入ったのかな?

2017年の6月からZAIFトークンを保有している僕としてはうれしい限りですね。

今日は簡単にZAIFトークンのロックアップ計画について書きたいと思います

ロックアップってなんでしょうか?

 

ロックアップってよくわからないですよね。

ネットで調べてみると、ロックアップとは鍵をかけるという意味みたいです。

金融市場でいうと保有している株式を売りませんよということ。

今回、テックビューロは自社が保有しているZAIFトークンを売らないという意思表示を2017年10月20日に発表しております。

しかもロックアップはカチカチのオリハルコンの金庫に入れておくイメージで動かすことができないような状態で保管するみたいです。

なるほどなるほど勉強になりますね。

ZAIFトークンの何割がロックアップされるのでしょうか?

 

f:id:kasuri-man:20180106224521p:plain

現在、ZAIFトークンは約90億枚発行されています。その中の25%である約22.5億枚をテックビューロがロックアップするとのことです。

となると市場に出回る発行枚数は67.5億枚となります。

必然的に価格の上昇要素に影響することは間違いないですよね(*´▽`*)

いつまでロックアップされるのでしょうか?

 

テックビューロのホームページを見る限り、2018年12月末までテックビューロが保有していたZAIFトークンをロックアップしてくれるみたいです。

ということは我々が保有しているZAIFトークンには影響しないですね。

ZAIFトークンはロックアップだけではないんです。

 

ZAIFトークンってカウンターパーティ上で発行されているトークンです。

※カウンターパーティ:ビットコインの場所を間借りして通貨を発行するようなイメージです。

しかしカウンターパーティって技術的にはたいしたことなく(僕からすればすごいですよ。。)、誰でもトークンが発行できます。

しかし今回、ロックアップするZAIFトークンを技術的に優れているNEMベースのプロトコルへ移行することを予定しているのです。

f:id:kasuri-man:20180106224542p:plain

これってすごいことですよね。

イチ企業のトークンのプロトコルが誰にでも発行できるカウンターパーティ仕様からNEMベースへ移行するんですよ。

これはすごいことだと思います。

もちろん僕みたいな素人感覚で移行なんてすぐできるじゃん!!ということではありません。

ZAIFトークンのNEMベースへの移行にあたっては、検証やテストを何度も繰り返した上で慎重にロックアップもされるみたいです。

ということは近い将来、我々が保有しているZAIFトークンもNEMベースへの移行とかもあるかもしれませんね( *´艸`)

NEMとZAIFの共同使用とかが発表されたら大暴騰とかもあるかもしれません。(あくまで僕の妄想ですが。。)

そんなZAIFトークンに棒はまだまだ目が離せませんね。

よければみなさんもZAIFトークンを購入してみてください。

 ↑↑↑

登録はこちらから。