ZAIFトークンは株式投資の感じで持っておくのもありかも。

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180207200431p:plain

 

こんにちは。

 

コインチェック事件の煽りを受けて、ZAIFトークンも厳しい状況ですが、我々ザイファーは耐えるしかないでしょう。

 

今後、コインチェックの入出金が始まると更なるナイアガラがあるかもしれません。

 

しか~しザイファーの僕としては、保有しかありません。またナイアガラがあろうと耐えうるのみなんです。

 

ちなみに今、今後のZAIFトークンを考えていたのですが、ZAIFトークンの価値って我々が考えているような感じではないのでは?と思い今回ブログに書いてみました。

 

 

1.一般的に考えられるZAIFトークンの使い道について

 

一般的に考えられるトークンの使いかたって以下でしょう。もちろんバイナンストークンなどで既に実績がありますので、イメージはしやすいです。

 

・トークンによる通貨類購入の割引制度。

 

これはバイナンスでやっているんでしたっけ。ビットコインなどを購入した時に取引所のトークンで支払うと割引してもらうものです。

 

使い勝手的にはベターかもしれませんね。手数料割引目的でユーザーも積極的にトークンを買いますし、企業側もトークン価格が上がりますので一石二鳥かもしれません。

 

・トークンで他の通貨を購入。

 

これは若干非現実的ですが、ありえなくはないでしょう。

 

例えばBTC/ETHのようにビットコイン建てで他のアルトコインを購入することもありますよね。

 

ZAIFトークンですと、結びつきの強いネムコインがZAIFトークンで購入できるとかになると魅力的ではないでしょうか。

 

以前のCOMSAセールの時は、ビットコイン、イーサリアム、ネム、ZAIFトークンでCOMSAトークンを購入することができました。

 

この時の影響を受けて、ZAIFトークンは一定の値上がりをしましたからね。

 

やはりトークンで仮想通貨(またはトークン)を買えるというのは魅力的ではありますよね。

 

上記が一般的なトークンの使い道なのでしょうが、ZAIFトークンの将来性を考えると特に使い道がなくてもいいのでは?と思っています。

 

2.ZAIFトークンはテックビューロが発行している株券のようなものである。

 

トークンってこっちのほうが要素的に強いのかなと?

 

もちろんテックビューロは株式会社です。現時点で上場はしていませんが、株式は発行しています。

 

しかし上場していませんので、市場に流通はしません。となると資金調達ができないですよね。

 

となるとマザーズなどに株式を上場させることも出てくるのでしょうが、上場手続きってめんどくさいですよね。

 

上場するとうるさい株主の相手をしたりなど消耗度はハンパないです。

 

であれば企業トークンを発行して資金調達をしてしまうという方法がいいのかな?と思っています。

 

このことは以前のブログにも書いていました。企業がトークンを発行すれば資金を調達できる⇒価格が上がる⇒トークン保有者は売買の差益で儲けが出る⇒企業も資金が調達できるで全員がハッピーなんです。

 

しかもトークン発行は株式を上場させるより簡単ですので、今後大手企業もトークンを発行し資金調達をおこなう可能性もあります。

 

例えばトヨタや任天堂などがトークンを発行すれば面白そうですよね。

 

話は戻りますが、ZAIFトークンも価格が0.8円などで終わらせることはしないでしょう。

 

価格が上がれば、保有者は喜びますしテックビューロも資金調達したい時は売却すれば利益がえられます。

 

そう考えるとZAIFトークンはテックビューロの売上拡大に伴って価格も上がってくる可能性が大なのではないか?という熱い期待を抱いています。

 

 ↑↑↑↑

ZAIFトークンの購入はこちらからどうぞ!!