お金の勉強をしたら人生変わった!!

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180326210758p:plain

 

今日はまじめにお金の勉強について書いてみたのです。昔の僕はまわりの人と同じことが当たり前と思っていました。

 

残業、飲み会、ゴルフ、出世など・・・社会人になるとバリバリ残業して終電前に帰るのは当たり前(常識)という洗脳状態。

 

だからお金についての考えもまわりの人と同じで、住宅ローンの金利もよくわからない、生命保険、医療保険は年間数十万、携帯電話はもちろんキャリア、資産運用などせずに毎月数万円の貯金を低金利の定期預金に預ける始末。

 

また変動費にうるさく昼食費をけちるとかで財布のひもの固さはMAXでした。昼食などもちろんのこと牛丼屋がメインです。

 

ランチが300円でも800円でも価格差など変わらないのですが、その時の僕は無知でしたので食事で味覚を鍛えるという感覚はなし。

 

いずれにしてもまわりの人と同じで仕事をすることに酔って、残業を繰り返しお金の勉強なんかした記憶がありません。

 

お金はいつも正しい (双葉文庫)

中古価格
¥186から
(2018/3/26 21:10時点)

↑↑↑

そんな僕を変えてくれたのがこの本です。堀江貴文さんの「お金はいつも正しい」です。

 

これはかなり古い本なのですが、たまたま古本市場で見つけて読んだのです。これを読んでからお金に対する考えかたが変わりました。

 

ということでお金の考えが変わると私生活面で何が変わったのかを書いてみます。

 

【目 次】

固定費についての考えかたが変わった。(保険)

 

まず保険について考えかたを改めました。

 

www.sarari-man.xyz

 

サラリーマンって保険は無駄じゃね?という記事は上記でも書いていますが、僕は生命保険、医療保険にはいってないです。

 

日本は保障が手厚い国です。またサラリーマンしていると会社からの補償も更に手厚いです。

 

僕はこういう仕組みを勉強しないまま保険に入っていたのです。お金の勉強が不足しています。

 

ちなみに昔は保険類に毎月2万円も払っていました。生命保険に1万円、3大疾病に6千円、医療保険に4千円もです。

 

年間24万円ですよ!!これが無駄金と言わず何というのか。こういう支出に違和感を感じずノホホンと生きてきた自分が情けない。ちーん。。

 

でもお金に対する考えかたが変わってからスパッと保険をやめました。もちろん初めは保険をやめた不安もありましたよ、、何かあったらどうしようと。

 

でも時間がたつと不安もなくなるんです。まあ最悪何かあった時は貯金から支払えばいいですしね。

 

万が一のために毎月保険金を捻出しはあはあ生活するよりも、国に補償してもらえばいいのです。

 

毎月2万円を自分に投資するなり、仮想通貨を買って資産運用するほうがためになります。

 

そっちのほうが確実に経験値がたまります。経験値がたまると考えかたも変わります。

固定費についての考えかたが変わった。(通信費)

 

これも考えかたが変わりました。

 

今までだとSIMフリー、格安スマホなにそれ?のレベルだったのですが、意識を変えると通信費についても調べてみようという気になるんですよね。

 

でもこれだけUQモバイルとかCMしているのに、通信費をキャリアのみで契約して莫大なお金を払っている家族って多いんですよね。

 

それで生活がつらいというのはおかしいです。マジで無駄にお金を垂れ流していると思いませんか?

 

ちなみにお金を勉強して気づいたのは、無駄な固定費は徹底的に削れです。本当に固定費は無駄です。住宅ローンも無駄かもしれません。(僕は組んでいますけど。)

 

自分でお金を勉強した結果、意味ねえなと思ったのは迷わず削るべきなんです。意味あるのかないのかもわからないまま支払っている時点でカモなんです。

 

例えば家族4人でスマホ代金30000円を格安スマホにするだけで毎月25000円程度節約できます。

 

毎月格安スマホにするだけで年間30万円の費用削減になるんです。保険+通信費で年間どれだけ無駄な固定費を削減できるのか?これを意識しただけでもお金の勉強をして学んだことです。

逆に意味のあることには積極的にお金を使いましょう。

 

逆に意味のあることにはお金を使います。高い車、ゴルフクラブを買えというわけではないです。

 

自分に役立つもの、意味のある本とかにドシドシ投資をしたほうがいいです。よく家族で図書館にいくとかあるけど時間の無駄ですよ。

 

欲しいモノはカネを使って手にいれる、図書館に行く暇があるなら本屋でさっさと買って読んでしまう。

 

たかだが1500円程度の本をケチケチするのはバカらしいのですが、お金の勉強をしていないともったいないという思いが強いですね。

 

実際に僕も昔は本を買いませんでした。おそらくお金>>>知識、経験だったのです。

 

でもお金はしょせんモノを交換するものと思えば知識、経験値をえるためにはドンドンお金を使うべきなんです。

 

それは本だけに限らずネット講座とかでも意味のあるものには使います。そうやって経験値のためにどんどんカネは散財していくべきと思っています。

貯金せずに資産運用にお金を使ってみよう。

 

無駄な貯金はやめましょう。(一定の貯金は必要でしょうが。)「不必要な貯金が命」の思考から脱却し資産運用に方針転換をすることができました。

 

株式投資や仮想通貨、ソーシャルレンディングなど資産を動かしてお金を稼ぐ方法を身に付けられるのです。

 

www.sarari-man.xyz

 

ちなみにソーシャルレンディングの記事は昔書いています。また株式投資をすると資産だけではなく企業の勉強、決算書の読み方、時代の流れを読むことができます。

 

これもお金の勉強です。株式投資をせず貯金だけしている人がどうして知識を身につけられるでしょうか?

 

行動力のない人はたいした貯金もできず、お金の動かしかたもわからず、知識もないのです。とても残念なんです。

 

だからお金の勉強って大切だなとしみじみ思うわけなんです。お金の勉強をするだけで人生の考えかたが変わります。

 

逆にお金の勉強をしないとまわりの人と同じ思想のまま残念なお金の使いかたに終始すると思っています。

 

だからみなさんもきっかけをつかみましょう。僕もきっかけがなかったら、お金の勉強をしていなかったと思います。

 

お金はいつも正しい (双葉文庫)

中古価格
¥186から
(2018/3/26 21:10時点)

 

僕はこの本を読んで人生反転のチケットを掴んだのです。