テックビューロがmijinのカタパルト実装を発表。

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180206094822p:plain

なんと!!

 

テックビューロの自社ブロックチェーン技術である「mijin」が最新版のバージョン2をオープンソース化プロジェクト発表したとか。

 

まずはSDK API(アプリケーションのネタみたいな?)の提供が3月26日から開始されるみたいですが、第二弾が4月頃、第三弾が5月頃ということでmijinの公式ページから発表されるみたいです。

 

この第三弾がmijinカタパルト版のライセンスとして提供されるということで、これが市場にひろがるとテックビューロの名前は瞬殺的に広まるのでは?とワクワクしています。

 

mijinが普及すれば企業、自治体、医療、金融などで簡易にトークンが発行することが可能です。

 

www.sarari-man.xyz

 

ちなみにmijinについては上記記事でも書いています。またビットコインみたいに非中央集権ではないので、プライベート間でもブロックチェーン上で様々な取引とかができてしまいます。

 

今まで大企業にありがちなバカみたいな旅費精算とかもmijinを使うとものすごく便利で簡略化されるかもしれません。

 

ちなみにこのカタパルトはNEMへの実装ではなくmijinです。NEMへのカタパルト化は2018年以降ですのでもう少しみなさん待ちましょう。

 

でもNEMへのカタパルト実装も実現すれば、プライベートブロックチェーンとして最強の技術ができあがるでしょう。

mijinはZAIFトークンにも波及するのである。

 

そしてZAIFトークンです。mijinはZAIFトークンにも少なからず良い影響を与えると思っています。

 

僕の妄想は以下です。妄想大好きなので。

 

・mijinで企業がプライベートトークンを発行し運営をおこなう。(トークンエコノミーによる企業内の経済圏の誕生。)

 

・そのプライベートトークンはZAIFトークン建てで購入ができる。

 

例えばZAIFトークン建てで購入したら割引率が適応される。または数パーセントのボーナスがつく。

 

などmijinとZAIFトークンをコラボさせるのは実現しやすいのではと思っています。

もちろんCOMSAもZAIFトークンと連携させる可能性もあります。

 

だからZAIFトークンはmijinとCOMSAの両面から期待できるのではないでしょうか。

 

Zaif取引所の登録はこちらから!!

 

↑↑↑

ZAIF取引所に登録するとZAIFトークン、COMSAトークン、NEMなども購入できます。