ZAIFトークンを購入で享受できるメリットを考える。

スポンサーリンク

 

f:id:kasuri-man:20180113224843p:plain

 

このブログでは今後、お金のことも書いています。お金の教育といいましょうか・・・大人も子供もお金の知識(お金を勉強する機会。)がないかなあと。

 

僕もいろいろ本を読みようやく貯蓄志向から脱却できました。貯蓄志向から脱却してからは、知識も深まりましたし毎日が楽しいですよ。

 

ちなみに今はお金の勉強で以下の本を読んでいました。

 

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

中古価格
¥1,123から
(2018/4/1 20:32時点)

 

「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」

 

この本にはお金や経済とは何なのか?また今後、経済はどう変わっていくのか?が書いています。

 

まさに未来の新しい経済のことについて学ぶにはもってこいです。これを読んだのですが、ZAIFトークンで新しい経済圏をテックビューロは作りだせるのは間違いないと思っています。

 

今日はその思ったことを書いてみました。以下、本から抜粋します。(僕なりにまとめています。)

 

国家を代替するトークンエコノミーの可能性

 

トークン発行者はトークンを発行することで、通貨発行益を得られます。

 

逆に発行者は参加者の利益を最大化する義務を負います。

 

トークンを発行すると、その中で経済圏が形成されミニ国家みたいになります。

 

トークンはおもに以下3種類にわけられる。

 

①通貨型トークン

 

②配当型トークン

 

③会員権型トークン

 

通貨型トークンについて

 

通貨型トークンとはTポイントとか楽天ポイントと同じと思ってください。ZAIFトークンもZAIFポイントで買いものができるようになればいいのではないかと。

 

ZAIFトークンで仮想通貨と他のトークンが買えるだけでも初めはいいと思います。バイナンスみたいに手数料が支払えるというのも通貨価値としてあるかもです。

 

bitpress.jp

 

またはテックビューロが社員の給与上乗せにトークン支払いをするとありましたが、ZAIFトークン保有者にもトークン付与とかしてくれたら面白いかもしれません。

 

まだZAIFトークンは使い勝手が悪そうですが、テックビューロ経済圏ができれば、通貨としての価値は出るのかなと。

配当型トークンについて

 

これがリアルあるかなあと思っているのですが。。株券の配当金と同じでトークン保有数に対して一定の配当金をテックビューロが支払うことになると、ZAIFトークンの価値もアップすると思っています。

 

株式投資をしている友人(同僚)はマザーズとかジャスダックの会社の株券なんかあまり持っていない(興味ない)んですよねえ。

 

一部上場で安定していて配当金が多い会社の株をみんな購入する傾向にあります。ということはトークンも配当金がつくとみんな喜んで購入すると思います。

会員権型トークンについて

 

これもリアルでしょうか。ZAIFトークン保有者は、保有している量に応じてZAIF取引所の手数料割引とかが受けられる。

 

または保有者は年に1回テックビューロの総会に参加できるとか会員権としてのメリットをだせれば面白いかもしれません。

 

というふうに新しいトークンエコノミー社会では、テックビューロが独自の世界を作ることだってできるのです。

 

トークンのパイオニア的存在であるテックビューロですから、いつかはそういうことを見据えたZAIFトークンの活用は考えているかと。(多分。。)

 

と今回、お金2.0を読んで感じたこの頃でした。ということで僕はまだまだZAIFトークンは手放さないよ!!

 

 

 ZAIFトークンはここから買えます!!