テックビューロの黒歴史をふりかえる。

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180113224843p:plain

あ~やっちまったな!!という失敗は人生の中でありますよね。

ということで今回はテックビューロのやっちまったな!!的な黒歴史をまとめてきました。

(鯖落ちは恒例行事ですので、もっとひどいやつをピックアップします。

. ZAIFトークンが2.5円から0.35円へ急落

忘れもしない17年8月末の事件です。2.5円まで急騰したZAIFトークンが0.35円まで暴落したというびっくり伝説。

これはCOMSAがZAIFトークンと連携するかもの噂で8月27日に2.5円近くまで急騰します。しかし・・・ZAIFから「COMSAとZAIFトークンの連携はまだ考えておりません。」というアナウンスにより0.35円まで暴落。

f:id:kasuri-man:20180501151750j:plain

しかも鯖落ちやら注文が通らないなどで高値掴みした人は阿鼻叫喚だったでしょう。

僕は急騰までに買いは完了していましたので27日の乱に巻き込まれずにすみました。

いずれにしても株と違ってすげ~暴騰は期待できますね。噴いたら一気に30円まで!!とかも将来的にはあるのかも。(暴落もしかり。。)

. ビットコイン0円事件

これもひどかったですね。18年2月にゼロ円で購入できる不具合が発生したとのこと。

ゼロ円で購入できるため、21憶ビットコインを買った人もいるようです。(ビットコインの最大枚数は2100万枚。。)

もちろんこれはZAIFのエラーであり残高データを修正したみたいですが、お詫びなどの連絡があったのかなかったのかも不明で購入者からは怒りの声もあったとか。。

corp.zaif.jp

. COMSAがICOしない。

いろいろあってどれを書こうか悩みますけど、COMSAがICOされないのも黒歴史でしょう。これが1番イライラしていますかね。

もともと2017年に国内の会社とICOする予定だったのに、延期報道からほぼ無期限状態でICO発表がないです。

はじめは投機目的とICOの期待もあって高値で550円もつけたのです。

このときはすぐ1000円いくかな~と期待していたのですが、コインチェック事件とかで暴落の嵐。。安値で50円きりましたからね。

550円で買っている人は10分の1になっています。ひどいもんです。

でも国内でのICOが法整備の問題でなかなかできないということでテックビューロも海外に目を向けています。

ICOではないですが、ヨーロッパのIp.Gold社へCOMSAのプラットフォームを提供するというもの。

こうなると日本だけにこだわらず、海外に向けてICOできればCOMSAも1000円に向けて爆発するかもしれませんね。

いずれにしても日本の金融庁に期待してもダメダメなので、テックビューロもグローバル全体でCOMSAを活用していくことに期待しましょう。

ちなみに僕は直近約12000枚COMSAを追加しました。今、70円くらいですが、これ以上落ち込むことはないと割りきって爆買いに走ったのです。

今後、ZAIFトークンもCOMSAも上がっていけばいいんですけどね~。