会社の飲み会を断るテクニック

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180523200451j:plain

最近、暑くなって飲み会が多いみたいです。

でも僕は自分の時間が最優先(家族も)ですので、めったに飲みにいきません。

飲み会は、本当に時間ももったいないしお金ももったいない。

まあイベントごと(歓送迎会など。)は参加しますが、それ以外の飲み会は基本不参加。

僕は飲み会に来ないスタンスが確立されていますので、ほとんど誘われません。

ということで今回、飲み会を断るテクニックを紹介します。

とりあえず断る習慣を身に付けよう。

 

みなさんは上司の目を気にしていませんか?

上司から飲み会を誘われたからと言って断ることができない、飲みにいかざるを得ないと思っていませんでしょうか?

この時点で、あなたは上司の目を気にしているのと、嫌われたくないという思いが働いています。

だからまずあなたが心がけることは、「誰にどう思われてもよい。別に上司から何を言われてもいいや。」という気持ちを持つことが大切です。

よく仕事があるとか、予定があるとかで断るパターンがあると思いますが、それって何回も使える技ではないんですよね。

これを連発するとだんだん言い訳も嘘くさく聞こえてきて、逆に上司からの反発を買うことになるんです。

だからまず上司に飲みに誘われたときは、「今日はすみません。行けません。」という言葉がベターです。

その時に「なぜ来ないのか?」と言われた場合も同じ内容を繰り返してください。

下手に仕事がとか、用事だとか言わずに「すみません。行けません。」の連呼を徹底しましょう。

それを毎回毎回繰り返すのです。

そこで吠えてくるクソ上司の場合は、対処法を考える(訴えるとか。)必要もありますが大半の上司はあきらめてくれます。

繰り返すことでいつかは誰からも誘われることはなくなります。

 

そう・・他人の目、評価を気にせず断ると誰からも飲み会に誘われることがなくなります。

僕はもう誰からも誘われることがなくなりました。

しかし未だにまわりの目を気にしている人は、毎度毎度上司から飲み会に誘われています。

結果、翌日二日酔いで体調不良でつらそう。。見ててかわいそう。

こういう結果を見ると飲み会に行く人と行かない人、どちらが人生において幸せかは明白ですよね。

だから飲み会に誘われないためにも、人間関係は開き直ってしまうことが大切です。

そういう人間関係を構築することで、自分が生きやすいサラリーマン人生を歩むことができるでしょう。

www.sarari-man.xyz

ちなみに別記事で【アドラー】の嫌われる勇気についても書いていますので読んでみてください。