運動会は洗脳としか言いようがない。

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180528232926p:plain

運動会も義務教育の中でイベントの1つです。運動会前は子供も無意味な練習で消耗している感じ。

しかし義務教育も無駄ですが、運動会はもっと無駄に感じましたね。

子供の誰もが運動会などやりたくないはず。

 

これ子供の本音ではないでしょうかね。

僕も子供時代に運動会がイヤでイヤで仕方がありませんでした。

つまらない練習が繰り返され炎天下で30分以上も立たないと駄目。ハッキリ言って軍隊みたい。

こんなイベントを子供が喜んでやらないでしょう。よほどマニアであるか、自分に我慢強い人でないと耐えられません。

だから誰もがやりたくない運動会を毎年やる意味はないのではないでしょうか。

おそらく先生も運動会をやりたいとは思っていないはずです。(かなり消耗しますからね。)

子供は勝手に決められたプログラムをやらされているだけ。

 

子供は先生が決めたプログラムをやらされているだけです。

よって子供のこんなことがやりたいとか思いはなし。ハッキリ言って受動的なプログラムなんですよね。

こんな子供の意思のないイベントやらされても子供も迷惑ですし、スキルが上がる訳ではありません。

また強制的なイベントに参加させられるため、一種の洗脳授業と言っても過言ではないでしょう。

悪いけど運動会って意味なし。もはや洗脳イベント

 

ハッキリ言って運動会なんかやる意味ないです。

こんな無駄なイベントを数十年もやっている義務教育は明らかにおかしい。

それでも子供は文句を口に出さず(心の中は文句言いたいでしょうけど。)、黙々と参加している姿に気味悪さも感じます。

ああ・・運動会ってサラリーマン社会に向けての洗脳イベントなんだな?と。

こうやって忍耐力を身に付けさせて、従順な人間を生み出していくのかと納得しました。

でも今のインターネット時代に忍耐力も従順な人間も不要ですよね。

自分で意志を持って貫き通せる人でないと人生やっていけない気もします。

だから子供たちには運動会は頑張らないでほしいなと思うこの頃でした。

すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~ (光文社新書)

ちなみに堀江貴文さんの「すべての教育は洗脳である」にも似たようなことが書いていますのでおすすめします。