サラリーマンの責任とプライドについて

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180618211853j:plain

今日の大阪北部の地震は関西地域を混乱しています。

地震は本当に怖いので、身の安全第一で仕事は後回しにしましょう。

しかし友人とかに聞いてみると朝から会議が~、会社に行かなければ~と名言を連呼する始末。

良く言うと責任感が強いのでしょうが、言いかたを変えると、そこまで責任持って仕事に行く必要あるのか?と感じます。

サラリーマンの責任感はやっかいだ。

 

日本人って悪い意味で生真面目なんですよね。

別にあなたがいなくても仕事はまわると思うのですが、どうでしょう?

もちろん、お医者さんみたいに本人がいないと患者さんが困るとかあるでしょうが、日本人の大半はサラリーマンです。

別に2、3日休んでもたいして弊害出ないと思うんですがね。

みんな変に責任感が強いから仕事に行かなければならぬ!!休み事は許されぬ!!という洗脳状態にかかってしまいます。

これを見てください。

matomedane.jp

御堂筋線が動かないから、淀川大橋を歩いて帰っているとのこと。

これも朝の段階で、帰宅するとか、ホテルに宿泊するとかで回避できたと思います。

少なくとも僕なら有給とってタクシーで帰るか、ホテル予約します。

自腹でもなんでもいい。歩いて消耗するよりは100倍マシです。

会社に残らないと、会社から帰宅指示が出ていないから帰れないとか完全に洗脳ですよ。

本来なら会社が即帰宅の指示を出すべきでしょうが、出ないなら自ら有給取って逃げるのがベターなんです。

それができないということは、サラリーマンとしての変な責任感が強いから。

だから責任感が強い人は、天変地異とかでも無理してしまうんでしょうね。

責任感が強いのは、プライドも影響している。

 

プライドもサラリーマンにとってやっかいなものです。

いつも僕がいないと、会社がまわらないとか思っていませんか?

変な商人欲求がプライドを高め、責任感を強くしてしまっているんです。

大丈夫です。たかが仕事です。あなた1人が2,3日休んでも仕事はまわります。

ましてや地震なんですよ、無理して仕事して身体、精神を壊す方が会社にとって絶対にマイナスです。

つまらない責任感で人生を消耗させるくらいなら、多少いい加減で、毎日過ごす方が、絶対に仕事も成果出ると思いますよ。

責任感とプライドで縛られて視野が狭くなり、大地震が起こっても会社に行かねば病にかかっている人は要注意です。

ちなみに過去記事では、サラリーマンは自由と真逆であることについて書いています。

www.sarari-man.xyz