【レビュー】ウシジマくんVS.ホリエモン 人生はカネじゃない!

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180630140327j:plain

 

「会社もまた洗脳機関である。」

 

www.sarari-man.xyz

 

という記事を以前書きました。なぜこれを書いたのか・・・

 

それは、自分の会社でも洗脳されているサラリーマンが非常に多いこと、またサラリーマンが、我慢すればきっと良いことがある、上司に従えば救われるという、宗教機関になっているということ。

 

ということで我慢すれば、未来は明るい(または我慢が当たり前)という、洗脳により自分の行動を制限しているパターンが多いのです

 

今回は、堀江貴文さんの「ウシジマくんVS.ホリエモン 人生はカネじゃない!」を読んだ上で、今のサラリーマン社会について書いていきます。

 

ウシジマくんvs.ホリエモン 人生はカネじゃない!

中古価格
¥288から
(2018/6/30 14:49時点)

いまを耐えれば事態が良くなるという思いこみ

 

ヤバいとか、危ないと気づいても、洗脳にかかるような人はたいてい真面目でプライドが高いから、逃げ出すのは「悪いこと」だというマインドセットがかかっている。だからその環境を耐え抜こう、頑張ろうとなってしまう。

 

普通の感覚なら、逃げられるのにどうして逃げなかったのか?という疑問はあるけれど、「逃げてもダメ」「逃げても意味がない」と思いこんでしまっている。

 

洗脳者の側は、その心理を的確に把握して、利用してくるのだ。

 

我慢とか、今を耐えるって言葉、僕の最近の流行語大賞です。本当にサラリーマンって、毎日を我慢していますよ。

 

たくさん例がありすぎて、書ききれないんですが、分かりやすいのは先日の大阪地震でしょうか。

 

mainichi.jp

 

これ見て、あ~完全に洗脳されてるな~と思う訳です。地震が起こったのが、朝の早い時間です。

 

で・・・帰宅時間(おそらく夕刻)に電車もタクシーもバスも動かないからって、今頃行動してるの遅くね??

 

僕なら、地震発生⇒タクシー帰宅とか、近くのホテル、ネカフェで一泊します。だってしんどいですから。。

 

でもみんな洗脳されているので、勤務時間は帰らないんです。

 

彼らは、「いまを耐えきれば事態はきっと好転する。」と思って会社にいたのでしょう。

 

でも、電車なんて、いつ復旧するかわかりません、また復旧しても大渋滞するのは必至です。

 

それなら、地震発生後にタクシーで帰るか、ホテル取って一泊するとか、逃げる手段はいくらでもあるのです。

 

でも洗脳されているから、それを選択する思考も停止している。クソ上司から、定時内は帰ったら駄目だとか言われても、年休取得して帰ればいいだけの話です。

 

最悪、家族が苦しんでいるなどの言い訳で帰宅することもできるはず。それをしない時点で、我慢もしているし、頭の中が洗脳されているのは間違いないです。

動き出さない理由も自分自身でつくり上げている。

 

他人を洗脳にかけるヤツは、どこにでもいる。

 

洗脳される側も、特殊な人ではない。世の中のいたるところで、洗脳ははびこっている。

 

洗脳をかける側はどうにもならないけれど、洗脳を解く方法はいくつかある。

 

世界は広いことを知る。プライドを捨てる。勇気を持って、一歩踏み出すことだ。

 

結論として、大半のサラリーマンは動き出しません。完全に現状維持で満足しているのです。

 

だから、転職もしない、起業もしない、会社を辞めることもしない。

 

僕の会社の同僚も同じですが、変化を好むのではなく、現状をキープしたい思いが非常に強い感じ。

 

結局、今の職場、上司に不満があっても、変えようとしない、それは現状維持が楽だから。

 

で動き出したら?と言うと、才能がないとか、今はそのタイミングでないとか、家族に迷惑がかかる、生活ができないという言い訳のオンパレード。

 

自分で自分の動き出さない理由を作っているだけなんです。

 

自分で限界を決めてしまっているから、会社、上司からも洗脳されるし、自分で自分を洗脳している状態になってしまっている。

 

だから、僕が言いたいことは、会社が嫌で仕方がないなら、とりあえず異動願いを出すとか、それでも耐えられないなら転職してみる、それだけで自分の価値観も変わる気がしています。

 

僕は、過去2回転職していますが、それだけでも周りからびっくりされます。

 

でも、たかが転職ですよ?今の会社で僕も長い間働いていますので、もしかすると少しは会社に洗脳されているかもしれません。

 

そうだと僕も新しいステージに向かった方がいいかもですね。