雨の日の通勤対策について

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180707195818j:plain

 

サラリーマンの大敵は雨です。スーツは濡れるし、靴は濡れる。また最近はリュックタイプのカバンが多いため、カバンも濡れてしまいます。

 

ということで、雨対策で僕がやっていることを紹介します。別に対策という感じでもないですが、少しでもみなさんの参考になれば。。

 

予備の靴下を1足持参

 

当り前ですが、大雨だと靴が濡れます。通勤しただけで、足もとがぐちゃぐちゃになることも。

 

靴が濡れた結果、靴下が濡れていることないでしょうか?靴下が濡れていると、仕事をする気分にもならないですよね。

 

せっかく会社来たのに、靴下が濡れた状態で仕事をするのはつらいです。ということで、僕は予備の靴下を1足持参しています。

 

それだけで、濡れた靴下の不快な感じから解放されます。雨の日は、靴下の予備を持っていたほうが、絶対にいいでしょう。

 

ゴミ袋を1枚持っておきましょう。

 

僕は、40リットルタイプのゴミ袋を1枚持参しています。なぜかって?そう、カバンに被せているのです。

 

雨の中で、傘をさしても、カバンはずぶ濡れになります。会社に着くと、中まで濡れてポケットティッシュが使いものにならないことも。

 

ということで大雨の時は、カバンにゴミ袋を被せています。僕はリュックですので、上から被せて、ショルダーの箇所は穴を空けて使っています。

 

これだけで、カバンのずぶ濡れを回避できますので、おすすめですよ。

 

コンビニの袋も持参せよ。

 

コンビニの袋も持参をおすすめします。折り畳み傘を使った後は、袋に入れて、カバンに収納しましょう。

 

濡れた傘を電車の中で、持っていると滴が散らばりますし、混んでると人に滴が飛び散ることもあります。

 

僕は以前、雨の滴が、他人に飛び散ってキレられました。だから自己防衛の為にも、収納してカバンを濡らさないためにも、コンビニの袋を持参するのはおすすめです。

 

という風に靴下とか、袋を持っているだけで大雨の不快な状況からは、多少は脱出できます。

 

まあ理想は大雨の日は、どこの会社でも休みにしてくれたらいいんでしょうけどね。。