台風に備えて防災対策をしよう。

スポンサーリンク

 

f:id:kasuri-man:20180906203111j:plain

 

台風24号が迫っています。今度は日本を横断するみたいで、関西だけではなく、関東地方も被害にあうかもしれません。最近、本当に多いですよね。

 

ちなみに先日の近畿の台風で、僕の実家も停電しました。結果的には電力会社のおかげで、2日後には復電してみたいですが、いつ自分の家が停電したり、水道がとまったりするかわかりません。

 

ということでわが家で実施している防災対策を書いてみました。あまり張り切って、金をかけるのもどうかなとも思っていますが最低限の対策は必要です

 

ちなみに僕の、防災対策のポイントは「電気」「トイレ」「水」です。

 

【目 次】

スマホを充電、明るさを確保できる環境を構築する。

 

モバイルバッテリーをもちましょう。

 

やはりスマホの充電ができるかどうかがポイントです。バッテリーがなくて、充電ができない、誰とも連絡がとれないは最悪です。

 

僕の友人もバッテリーがなくて、停電中は苦労したみたいです。ということでまずは1人1台バッテリーはもちましょう。

 

www.sarari-man.xyz

 

どのモバイルバッテリーがおすすめかは上記の記事で書いています。ちなみにおすすめの商品は、RAVpowerの6700mAhです。

 

RAVPower 6700mAh モバイルバッテリー 急速充電 (最小 最軽量 /2018年7月末時点) iPhone/Andorid 等対応 携帯充電器 ポータブル充電器 【18ヶ月間安心保証】 iSmart2.0機能搭載 RP-PB060 (白)

新品価格
¥1,699から
(2018/9/8 22:21時点)

モバイルバッテリーは、1台2000円もしません。4人家族であれば、1万円もかからずに4台調達可能です。これで2日間くらいは問題なく、スマホはもつでしょう。これは絶対に買いです。普段の生活でも、スマホ充電器としても使えますからね。

明るさはキャンプ用品のランタンで確保する。

 

僕はたまにキャンプをしますので、非常時はランタンを使おうと思っています。懐中電灯でもいいのですが、照明のような使いかたができないので、ランタンのほうがいいでしょう。

 

f:id:kasuri-man:20180908225603j:plain

 

僕が使っているColemanのランタンです。5年前ほどに購入したモノですので、今は売っていないかも。

 

f:id:kasuri-man:20180908225613j:plain

 

このランタンは、明るさが調整できます。上記はお休みモードです。これでも中々明るいので、リビングに置いておくだけで、不安は解消されるでしょうね。

 

f:id:kasuri-man:20180908225625j:plain

 

上記はMAXでの明るさです。これくらい明るいと、停電しても何とかやっていけるかなと思います。電池は単一が4本必要ですので、つねに電池のストックはしておきましょう。

 

f:id:kasuri-man:20180908225636j:plain

 

MAX状態で、部屋を消してランタンだけを照らしてみました。これなら停電になっても、何とか部屋の行き来はできると思います。 

 

コールマン ランタン CPX6リバーシブルLEDランタン3 2000027302

新品価格
¥3,499から
(2018/9/8 22:53時点)

ネットで似たような商品を見ると、3500円くらいで売ってました。これが高いと感じるなら、ホームセンターで懐中電灯を買うしかないです。懐中電灯なら1000円も出せば、いいモノが買えるはず。

簡易トイレは確保しておくべき。

 

万が一、水道がとまるとトイレが一番不便です。いろんな人の話を聞くと、食料、水も重要だが、トイレが故障して大小できないのは非常にツライとのこと。

 

驚異の防臭袋 BOS (ボス) 非常用 トイレ セット【凝固剤、汚物袋、BOSの3点セット ※防臭袋BOSのセットはこのシリーズだけ!】 (15回分)

新品価格
¥1,944から
(2018/9/8 23:15時点)

ということで上記を自宅にストックしています。でトイレの何がネックかというのは、臭いらしいんですね。いくらトイレができても、臭いが残るのが最悪らしい。

 

このBOSはシートタイプと凝固タイプがあるのですが、凝固タイプは臭いが漏れないんです。僕も1回試して使ってみましたが、臭い対策は完璧ですね。

 

また、交換目安も10年くらいらしいので、10年後にまた同じモノを買えば問題ないですからね。2000円くらいなので、価格パフォーマンスも良いですし、自宅に置いておくメリットは絶対にありますよ。

水は2リットルのペットボトルで押し入れに保管。

 

長期保管できる水とかも売っていますが、僕はホームセンターで格安の水を押し入れに保管しています。

 

おそらく賞味期限から数年経過しているのですが、捨てていません。だって・・・飲み水として使わずに、手を洗ったり、身体を拭いたりする目的の水として使いたいから。

 

飲み水は、冷蔵庫にあるお茶、ジュースなどで乗り切れるでしょう。最悪、飲み水がなくなった場合、給水車の補給を待つしかないかなと。(給水車が来れない災害なら、もうあきらめる。。)

 

やはり断水で困るのは、手を洗う、身体を拭く、トイレを流す(簡易トイレ使わない場合)など生活上のことで水を使うことが多いと思っています。

 

だから賞味期限切れの水を保管しているのです。神経質に5年持つ水とか買っても、いつ賞味期限なのか管理もしないですからね。

 

【Amazon.co.jp 限定】 キリン アルカリイオンの水 PET (2L×9本)

新品価格
¥200から
(2018/9/8 23:31時点)

AMAZONで水を買ってもいいですし、近くのスーパー、ホームセンターで買ってもたいして差はないでしょう。

防災対策として、最後に言いたいこと。

 

で・・・最後に言いたいこととして、「電気」「トイレ」「水」は最低限として防災対策しておくべきではないでしょうか。

 

もちろん「コンロ」「食料」なども重要なのでしょうが、何でもかんでも用意するのも大変ですし、部屋に置き場もないですからね。

 

だから僕の場合は、張り切らずに最低限の防災対策として上記のモノしか置いていません。もしよければ、みなさんも防災対策として、参考にしてください。