イーサリアム暴落から感じること。

スポンサーリンク

 

f:id:kasuri-man:20180909224808j:plain

 

イーサリアムが暴落しています。最近まで3万円近くをウロウロしていたのが、2万円近くまで暴落。

 

他の通貨も軒並み暴落しているのですが、イーサリアムだけ暴落率がハンパない感じです。

 

【目 次】

イーサリアム暴落の要因は?

 

f:id:kasuri-man:20180909225812p:plain

 

ここ数日で、他の通貨と比較しても暴落率がひどいです。3万円価格つけていた価格が、いきなり2万円近くまで下がりましたからね。

 

ビットコインも他のアルトコインももちろん下落はしていますが、なぜイーサリアムだけ突出して下落したのでしょうか?

システム開発遅延の発表。

 

1つ目はキャスパーという開発が12カ月延期となったのが原因みたいです。キャスパーがどのようなモノかはわかっていません。

 

しかし新しいソフト開発への移行?が遅れたこともあり、売却が進んだと思われます。

ICOプロジェクトの大量売却があった。

 

2つ目は、ICO実施企業がイーサリアム売却をおこなっているみたいです。2017年は、海外ではICOブームでした。

 

過去にイーサリアムで、ICO実施企業が集めたお金を人件費などにまわすために、大量売却されたのも原因のひとつと言われています。

アルトコインがビットコインと価格連動しなくなってきた?

 

今回のイーサリアムの下落は珍しいケースなのかなあと。今までですと、多少下落率の差はあれど、ビットコインと似たような形で下落をしました。

 

しかし今回は、ビットコインは70万円をキープしているのに、イーサリアムが単独で下落している状況。

 

ということはビットコイン、イーサリアム、リプル、ネム他通貨がたくさんありますが、将来的な通貨選別の開始が始まっている可能性もある?と思っています。

どの通貨が生き残るのか?

 

ビットコインは、金と同じような扱いになると期待しています。ショッピングなどの支払いには向ていないかもしれませんが、有事の際のデジタルゴールドとして用途が広がるでしょう。

 

リプルは銀行間の送金やり取りで使いみちがあるのでしょうか。一般人の表に出てくることはないでしょうが、ブリッジ通貨として世界中で需要があるかもしれません。

 

僕が特に期待しているのはNEMです。もっとも生き残る通貨と思っています。

 

イーサリアムもNEMもトークンは作成できますが、素人でも使える通貨はどっち?と聞かれるとNEMなんです。

 

一般の人が、ブロックチェーン技術に触れるためには、NEMが世間一般に広まっていく可能性が高いと思っています。

 

というふうに今までは、数多の通貨が上昇、暴落を繰り返してきましたが、そろそろ用途別に需要がある通貨、用途がないため淘汰される通貨と切り分けが始まっていくでしょう。

 

数年後には、NEMがイーサリアムの価格を追い抜くとかあるかもしれません。完全に仮想通選別の時代が始まっているのでは?

通貨トークンは淘汰されても、企業トークンは生き残る。

 

そう企業トークンは生き残ること間違いないです。上記にも書きましたが、通貨トークンは種類が多く、通貨、資産としての用途だけでは、限られてきます。

 

しかし企業トークンの場合、企業各々に独自な価値がありますので、トヨタトークンだろうが、ソニートークンだろうが、楽天トークンだろうが、使い道は千差万別です。

 

で・・・期待するのはZAIFトークンです。企業トークンの先駆けといっても間違いないです。

 

www.sarari-man.xyz

 

ご存知の通り、ZAIFトークンはテックビューロが発行しているトークンです。このZAIFトークンを活用する手段はたくさんあるでしょう。

 

また、ZAIFトークンはNEMベースへの移行も控えています。企業トークンであるZAIFトークンを、セキュリティ面で優れているNEMベースに移行することは、何か使う用途があるに間違いないです。

 

今回のイーサリアム暴落は、仮想通貨の再編が始まる可能性があると感じています。その中でも、生き残りポテンシャルの高いモノとしては、NEM、ZAIFトークン、COMSA(ICOトークン)であると思っています。