仮想通貨交換業界 ICOに自主規制ルール策定を検討

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20180815003505p:plain

 

いよいよICOのルールなどが決まるのかな?仮想通貨交換業界が、ICOなど自主ルールの概要を明らかにしたみたいです。

 

今までは、具体性に乏しく日本では匿名通貨の扱いや国内ではICOはできるの?できないの?の???状態で、COMSAも焼け野原状態でしたが、ルール作りが進めば、状況は好転するかもしれませんね。

 

【目 次】

匿名性の高い通貨は禁止

 

新しい仮想通貨は、協会が審査するみたいです。交換業者が新しい通貨を取り扱いを始める場合は、もちろん金融庁が審査します。しかしその前に協会が事前に審査をおこない、問題があった場合は取り扱いをさせないみたいなんです。

 

今まで金融庁金融庁だったのが、業界が主体となって、通貨の選別をはじめるんでしょうね。まあ今までは、コインチェックに上場しているコインでも怪しい感じの通貨もありましたが、今後はそういうコインの出現もなくなるのでしょうか。

相場操縦対策や情報管理の強化

 

今まではインサイダーあり~の、情報筒抜け~のやりたい放題の感じがありました。有名人が発言するだけで、価格が上がったり、下がったり何でもありの状態だったと思います。

 

しかし交換業者内部の重要情報や、売買の判断に影響しうる情報の取り扱いについてもルールを定めるとのこと。また不適正な取引が疑われる場合は、協会への報告も義務付けるみたいです。

ICOは協会が審査するとか!!

 

そして期待のICOですが、なんと!!協会が審査するみたいなんです。2017年は、世界中で仮想通貨で資金を集めるICOが実施されました。

 

しかしスピンドルやクローバーなど、怪しいICOも多々あり、業者がドロンみたいな事例も多かったです。

 

それを回避すべく、協会にて事前にICOを審査し技術検証もおこなうとか。これだけでもすげ~前進している感じはします。

 

今までは審査さえありませんでしたからね。協会が自主的に審査をおこなうのは良いことだと思います。

 

しかし肝心のICO実施の法整備ができていませんので、国内ではICOはできません。だから金融庁からの方針が決まるまでは待ち状態なんです。

 

とは言いながらも、業界が前向きに進んでいますので、後を追って金融庁も法整備はしてくると思います。そうなると市場の活性化も起こるかもしれませんね。

COMSAもどこかで開花する可能性はあるはず。

 

そして肝心のCOMSAですが、相変わらず10円をウロウロしています。僕の取得単価は66円なので大幅な赤字なのですが、いつかは国内でICOが実施できる日をみてガチホは続けたいと思います。

 

もちろんNEMとかZAIFトークンと比べると、花が開くのに時間はかかるでしょう。しかしICOの市場が魅力的であることは間違いないので、今、売却するのはもったいないかな~とは思っているんですが・・・どうなるでしょうか?