テックビューロの株式を過半数取得!!株式会社フィスコとは?

スポンサーリンク

残念ですが、ZAIF取引所のサーバーがハッキングされました。。BTC、MONA、BCHで約70億円が流出したとのこと。

 

これを受けてテックビューロもさすがに限界なのか、株式会社フィスコが、50億円の金融支援、株式の過半数を取得する資本提携、過半数以上の取締役及び監査役の派遣などを検討する基本契約締結を結んだとか。

 

もう朝山社長もしんどかったんでしょうかね。そう考えるとフィスコに支援してもらって、テックビューロの経営もフィスコに任せたほうがいいでしょう。

 

しかし株式会社フィスコがどんな会社か?知らない人もいると思うので、今回調べてみましたよー。

 

【目 次

株式会社フィスコとはどんな会社なの?

 

みなさんは株式会社フィスコという会社を知っていますか ?

 

 

会社名:株式会社フィスコ


市場情報:東証JQ 3807


本社所在地:東京都港区南青山五丁目4番30号


本店所在地:大阪府岸和田市荒木町二丁目18番15号 


設立:1995年5月15日


業種:情報・通信業


事業内容:
情報サービス事業、インターネット旅行事業、コンサルティング事業、デバイス事業、広告代理業、システム開発事業等


代表取締役社長:狩野仁志


資本金:12億4200万円(2016年12月期)


売上高:14億0,459万7千円(2016年12月期)


純利益:-11億9,348万3千円(2016年12月期)


純資産:44億3,476万8千円(2016年12月期)


総資産:154億4,489万3千円

 

 

 

株式会社フィスコは投資家などに対して金融情報配信事業を配信している会社です。有名なのはYahooファイナンスのサイトに投資情報などを提供していますよね。

 

ちなみにテックビューロは株式上場していませんが、フィスコは東証ジャスダックに上場しています。

 

f:id:kasuri-man:20180924151211p:plain

 

現在の株価は250円前後をウロウロしており、時価総額は100憶程度の会社です。しかしフィスコは歴史がある会社ですので、一般のサラリーマンですと会社名くらいは知っていますよね~。

 

ちなみに会社の設立は1995年ですので、20年以上の歴史がある老舗の会社だと思ってください。テックビューロと比べても非常に歴史のある会社なんです。

フィスコデジタルアセットグループからテックビューロへ支援。

 

ちなみにテックビューロへの50憶円の支援はフィスコからではなく、関連会社のデジタルアセットグループからの支援となります。

 

デジタルアセットグループは、フォスコ仮想通貨取引所を運営している会社なんですね。先日、ZAIF取引所のシステムから切り離し、新システムへの移行を実施しています。

 

fcce.jp

 

売買のページ見ましたが、シンプルでZAIF取引所より扱いやすい感じでした。やはりフィスコ・・・システム関係はしっかりしているか?

 

いずれにしてもZAIF取引所とフィスコ取引所は分離して運営継続はするスタンスみたいなので、当分ZAIF取引所の閉鎖などはないのでしょうかね。。

フィスコはFISCO(フィスコ)トークンも発行している。

 

あまり保有している人も少ないでしょうが、フィスコはFISCO(フィスコ)トークンを発行しています。僕も昔8000枚近く持っていました。。 

 

元々、FISCOコインは株主に対して無償で配布すると2016年6月頃にIRで報告されています。※100株に対して100FSCCを配布する。

 

またFISCOコインはZAIFトークンと違って用途を持って発行しています。例えば、〇△コイン使うと投資レポートとの交換を可能とするなどフィスコが有料で公開している情報をコインで買うみたいな感じですね。

 

なお、FISCOコインは2016年10月にZAIF取引所に上場しています。ちなみにFISCOの取引所は2016年4月に設立されており、金融庁の認可も貰っているみたいなんですよね~。

 

銘柄は少ないですが、 BTC、MONA、BCH、ネクス、カイカのトークンも取り扱っているのです。ただ、フィスコが仮想通貨取引所を運営していたのは、あまり知られていません。

 

ちなみにFISCOコインは、価格が約20円くらいです。発行数量が5000万コインですので、時価総額は10憶くらいですね。

 

これは株式の時価総額(約100憶)と比べてもはるかに安い状況ですのでFISCOコインの価格が上がる可能性は十分にあると思われます。

FISCOコインのチャートについて

 

FISCOトークンはZAIF取引所で初値25000円をつけています。しかしその後、3円まで超急落しました。(意味がわからない。。)

 

その後、長い間数円をウロウロしていたのですが、現在は20円程度をつける形で推移しています。

 

調子いい時は120円程度まで高値をつけたのですが、コインチェック事件以降は低迷ですかね。。僕も120円の時に売っておけば良かったです。

 

しかし発行数が5000万枚しかないこと、また5000万枚以上は発行しないとフィスコが名言していること。フィスコが3900万枚を安定保有者として保有している(よって実際の流通数は1100万枚)なども考慮すると価格が上がるのでは?と思っています。

FISCOコイン、そしてZAIF取引所に将来性はあるのか?

 


現時点での材料としては、以下があげられるでしょう。

 

f:id:kasuri-man:20180121215301p:plain

 

上記の通り、コインをフィスコの商材と交換できるくらいしかありません。しかし株式会社フィスコは上場会社として初めてトークンを発行した企業です。

 

また仮想通貨取引所も運営していますし、今回テックビューロの親会社にもなりました。 今後、資金調達や自社の事業拡大のためにFISCOトークンを活用しZAIF取引所のさらなる拡充なども考えているかもしれません。

 

今回、ZAIF取引所がハッキングされ、フィスコがテックビューロの支援に乗り出しました。ハッキングは残念ですが、フィスコが主導となって、ZAIF取引所を復活させてくれることは良かったと思っています。

 

仮想通貨のチャートもそれを物語っているのか、ZAIFトークンは下落しましたが、それ以外の通貨の価格はあまり下がっていません。

 

またZAIFトークンも結局は価格を戻しています。そう考えると、フィスコが新しい仮想通貨のシナリオを描いているのでは?と密かに期待しています。

 

フィスコは金融庁ともうまくやっているみたいですし、ZAIFトークンもFISCOコインも上がって欲しいですねー。