歯周病(むし歯)対策に歯間ブラシはやるべきと思う理由。

スポンサーリンク

年末が近づいてきました。もう2018年も終わろうとしています。

 

最近思うのが、年を重ねるにつれて、健康対策はやっておいたほうがいいでしょう。僕も若いときは暴飲暴食、朝まで酒を飲み土日はゴロゴロという最悪の日常をあゆんでいました。

 

今思うとアホなのでしょうが・・・たぶん若かったんだよね。マジで何も考えていない。で中年になったので、ここ数年は生活習慣もだいぶ変わってきました。

 

で今回は歯の健康対策について書いてみました。今まで虫歯になってから歯科医にいってましたが、虫歯になる前に自分自身で予防するほうが重要です。

 

【目次】

 

1、歯磨き後には歯間ブラシはするべし!!

 

最近やってるのが、歯間ブラシです。先日の歯の健診にいったら歯周ポケットが・・と歯科医さんからコメントあり。。

 

やっぱり歯と歯の間に食べ物のカスとか溜まりやすいんですよね。で歯垢(しこう、食べかすのこと)が溜まって虫歯とか口臭を引き起こすみたいなんです。

 

www.kobayashi.co.jp

 

これは小林製薬のホームページにのっています。やはり歯ブラシだけではダメみたいなんです。歯ブラシだけだと歯間に歯垢がのこるとのこと。それを除去するためには歯間ブラシをしておいたほうがいいと。

 

これは同じことを歯医者さんでも言われました。毎日歯磨きしても歯間の汚れやカスはとれないんですね。

 

小林製薬のやわらか歯間ブラシ 極細タイプ SSS-Sサイズ ゴムタイプ 20本

新品価格
¥273から
(2018/12/24 20:42時点)

 まずは試しに小林製薬の歯間ブラシで歯間ケアをしてみるのをおすすめします。やってみて合わなければ、他の歯間ブラシをためすのもいいでしょう。とりあえず歯磨き後に毎日歯間ブラシをする習慣をみにつけたいものです。

 

2、あわせて寝る前にマウスウォッシュもしておきたい。

 

で歯間ブラシだけで満足か?と言われればそうではないです。あわせて就寝前にマウスウォッシュをすることで就寝中のむし歯をケアしましょう。

 

就寝中はむし歯の菌が繁殖するのです。せっかく寝る前に真剣に磨いても起きて、菌が繁殖してたらたまらんじゃないですか?

 

また朝起きたての口の中の気持ち悪さ・・あれは不快ですよね・・・それを抑えるためにもマウスウォッシュはしてみましょう。

 

クリニカアドバンテージ デンタルリンス 低刺激タイプ(ノンアルコール) 900ml 液体歯磨 (医薬部外品)

新品価格
¥488から
(2018/12/24 20:49時点)

別にどこのメーカでもいいので寝る前のマウスウォッシュをおすすめします。ちなみに僕はクリニカを愛用しています。

 

3、いずれにしても年に数回は歯の健診に行った方が良い。

 

まあ結局、歯磨きしても歯間ブラシしてもマウスウォッシュしても・・・むし歯になるときはなるでしょう。そう考えると定期的に歯の健診はしておいたほうがいいのかもしれない。

 

僕は年に2回から3回定期健診にいきます。で歯医者にいくと歯茎が弱ってるとか、カスがたまってるとか歯科医から言われます。いくら毎日丁寧に歯磨きしてもその程度なんです。

 

結果、大掃除してもらうのですが、大掃除してもらうことで歯がかなりスッキリしますよ。そう考えると治療するまえに予防することが重要はわかりますよね。

 

1回健診してもらって3000円くらいです。居酒屋1回我慢すればいいだけです。治療のために金を使うより、予防のために金を使ったほうが絶対にいいと思うよ!!