【感想】新聞部数が1年で222万部減なんですって。

スポンサーリンク

f:id:kasuri-man:20190125211550j:plain

 

ツイッターを見てたら、新聞部数が大幅に減少とのニュースを見かけました。でも新聞なんか、読んでる人ほとんどいないと思うんですよね。

このコラムの人は、新聞の危機=ヤバい、ジャーナリズムの死に直面するみたいなこと書いていましたが実際はどうなのでしょうか?新聞ってそこまで必要?

news.livedoor.com

新聞の発行部数は、2000年から右肩下がりで減少している。

 

新聞発行部数は、2000年の5370万部をピークに減少しているみたいです。2018年には4000万部を割り込んでいます。

たしかにご近所さんでも新聞購読してる人ってあまり見ないですよね。ちなみに僕は5年前に新聞をやめました。毎月数千円支払うのは無駄と感じたこと、また固定費削減として新聞をやめたんです。

www.sarari-man.xyz

でも今後新聞の発行部数がまた上昇するか?といえば多分しないですよね。数年前はたしかに電車で新聞読んでるサラリーマンは多かったです。

でも今電車で新聞読んでる人って・・・年配のサラリーマンでもスマホいじってるwww

というより紙の媒体を持ってる人がいないような気が・・・全員スマホいじってますよね。

そう考えると新聞部数は、2019年も2020年もずーっと減少していくことになるんでしょうか。

それでも一定のサラリーマンによって新聞は支えられていくと思う。

 

とは言いながらも新聞は50代のオジサンには根強いです。僕の会社でも、新聞=絶対みたいな思考の人が非常に多い。

新入社員に強制的に新聞を購読させようとする人もいますからね。(パワハラではないのか?)

まだまだブラック企業はたくさんありますから、サラリーマンが新聞をやめない限り、新聞部数がゼロになることはないでしょうね。あ、あとおじいさんおばあさんはスマホを使いこなせないから新聞を買い続けるかな?

新聞読む時間と金があるなら参考書でも買って勉強したほうがいい。

 

ハッキリ言って新聞って時間も金も消耗します。今の時代、スマホがありますのでヤフーニュースとツイッターがあれば情報収集が問題なくできますよね。

それなら簿記とか法律でも勉強したほうがいいのではないでしょうか。毎月5000円もする新聞に金を使うなら簿記3級の参考書でも買ったほうがマジでメリットあります。

そう考えると新聞ビジネスは完全に時代の終わりを迎えてるのかもしれません。

テレビも終わり新聞も終わり、新しい時代の中で生き残っていくには、新聞読んでる暇があるなら新しいことをしないと駄目なのかもしれない。

www.sarari-man.xyz

ということで僕は今日もコツコツ勉強していきます!!