【節約】サラリーマンの服装は総額1万円で納められる。

スポンサーリンク

こんにちは。粕屋です。

まだスーツなどの消耗品にお金をかけていませんか?新年セールとかで、無駄にスーツとか買っていたりして?

かくいう僕も昔は新年セールにスーツやシャツ、靴を買っていました。しかし今の時代、消耗品に無意味に金をかけるのは流行らないと思っています。

スーツは3000円もあれば購入できます。

 

www.sarari-man.xyz

 

もう量販店とかでスーツを買うのは無駄です。徹底的にコストを抑えるなら、中古ショップで購入すればオッケーです。

僕は最近、リサイクルショップのトレジャーファクトリーでスーツを買うことにしました。

トレジャーファクトリーは他のショップより、断然にスーツの質が良い。他のリサイクルショップでも、スーツは売ってますが、使用感がハンパない感じがします。

いくら中古でも穴が空いてたとか、破れてたとかは嫌ですよね。

品質のいいモノを購入するならトレジャーファクトリーでスーツ探しをしたらいいでしょう。

カッターシャツも品質が良くても1000円未満で売っている。

 

カッターシャツも探せば格安で購入できます。よくイトーヨーカドーやイオンで売ってるシャツでも最安値は1,980円くらいだと思います、

格安のしまむらですと、1,200円とかで売っていると思いますが、品質がよくわかりません。(僕は買ったことない。)

であれば自分で品質の良い格安シャツを探すしかありません。

ちなみに僕は、卸売でシャツ(800円)を買っています。探せばネットを含めてどこでも安いシャツは売っています。がんばって探しましょう。

ネクタイも下着も靴下はどこでも安く売っている。

 

ブランドに拘りがなければ、安く買えます。

僕はネクタイを100均で、下着と靴下はドン・キホーテ、しまむらで買うようにしています。

痛んだらポイすれば終わりますので、下着やネクタイにお金なんてかけれられません。

あとは靴ですが、靴も拘りがなければ、3,000円もあれば買えるでしょう。

そうやって固定費を削って、必要なことに投資する。

サラリーマンの給料は上がりませんし、税金は上がってくる。やはり食費を節約するより、固定費を徹底的に節約するのが生き残る近道でしょう。