毎日飲み歩く人たちと距離を取ろう。

スポンサーリンク

yopparai_karami.png

 

毎日飲みにいくおじさんっていますよね。なぜおじさんは、毎日飲みにいくのか深層心理を探ってみました。

飲み歩くことが、ステータスだと思っている。

 

 

おじさんは飲むことにプライドを持っています。まさにベジータなみのプライドです。

 

お酒を飲めないやつはダメだとか、毎日飲みにいってコミュニケーションを深めるんだとか意味不明な迷言を残します。

 

昼間でもコミュニケーションがとれないのに、夜に飲み会してコミュニケーションなんかとれるわけないだろ。バカか!!と吠えたくなりますが、おじさんの深層心理には別の感情が眠っているのですよね。

 

おじさんたちは寂しいんです!!

 

昭和のおじさんは家に居場所がないのです。また早く帰っても時間を持て余すのですよね。

 

昔から仕事+飲みで1日を過ごしてきた人たちです。家に帰っても時間の使い方がわからないのですよ。

 

でもそんなヒマ人に巻き込まれたくないですよね。若い人はとくに自分の時間を大切にしていますから。

 

www.sarari-man.xyz

 

飲み会を実施することで、自分の立場を維持している。

 

飲みにいくと部下に説教ができます。そこで自分のプライド、立場を維持しているわけです。 酒が入れば熱い思いや迷言をさけぶことができます。

 

部下も嫌々ながら話は聞きます。 その瞬間こそ自分が世界一輝いているのです。まさにチャンピオンなのです。若い人からすると本当に迷惑です。

自宅に帰っても居場所がない。奥さんにも嫌われている。

 

いつもは部下に偉そうにしているおじさんですが、家では最下級戦士です。戦闘力はありません。

 

その家のストレスを飲み会で発散しているのもあるのでしょう。家にいるとストレスがたまりますもんね。

 

でも質がわるいのは、家でのストレスを部下に転嫁するやつがたまにいます。 これは最悪です。人としてどうかと思います。

 

家の問題を会社にまで持ち込まないでほしい。 こういうオジサンとは絶対に飲みにいかないようにしましょう。

 

昭和のオジサンと飲みにいくのは百害あって一利なしです。 自分の人生(時間)ですから、自分のためにみなさんも時間を有意義に使いましょう。

 

たった一度の人生ですので、時間はあなたが有意義に使うべきなのです。

 

www.sarari-man.xyz

 

とりあえず会社の飲み会を断るスキルと身に付けることも大事だと思います。