社内の飲み会に誘われなくなる方法。

スポンサーリンク

nomikai_nigate_business.png

社内飲み会

社内飲み会⇒本当にカンベンしてほしい。。たまに参加しますが、とてもツライです。だって楽しくないんだもん。

有力な情報が、社内飲み会にはないのでしょうね。飲み会の会話⇒愚痴、下ネタ、世間話。。これでは自分が成長できる情報は入手できませんね。

ぼくは社内飲み会がキライなので、めったに飲み会には参加しません。また、飲み会に誘われることもほとんどないです。 では、どうすれば飲み会に誘われなくなるのでしょうか?

1、とりあえず断る習慣を身に付けましょう。

シンプルですが、これに尽きます。あなたは飲み会に誘われたら、仕方なしに参加していませんか? 帰りたいのに、断れない⇒仕方なしにいくというパターンで後悔する人も多いはず。

そういう時は、アドラーではないですが、嫌われる勇気を持つことが大切ですよ。 断りつづけることが大事です。飲み会に誘うという行為は、誘う側からしても労力がいるんですよね。 誘う側もはじめはシツコク誘ってきます。

しかし何度か断りつづけると、コイツは来ないなと思うのでしょう。ほとんど飲み会には誘われなくなります。 そうなればあなたの勝ちです。飲み会に参加することもなくなりますよ。

2、それでもたま~には飲み会に参加しなければならない時もあるのです。

それでも逃げられない飲み会があるのです。どうしてもの時は、ぼくも参加します。でも2次会には死んでも行きません。

1次会で退散するようにしています。 では退散する方法ってあるのでしょうか?

①時間がきたら、ダッシュで駅に向かう。

飲み会が終わったあとに、店の前でダラダラとかありませんか?あれはよくないです。雰囲気で2次会へ向かってしまいます。

だから1次会が終わり次第、ダッシュで電車に乗りましょう。電車に乗ればシメタものです。電話がかかってもきても出られませんからね。

②体調の悪いふりをする。

これも中々使えます。気持ち悪いとか体調悪いとかオーラを出すと、まわりかも早く帰りなよ!!って言われますからね。

しんどそうにするだけで、2次会には誘われません。アホみたいな作戦ですが有効なんですよね。

③眠たそうなふりをする。

これも使えますよ。お酒の弱い人は、アルコール入れるとよく眠そうにしていませんか?ぼくも途中から眠たそうな顔をします。そうすると2次会は来なくていいよってまわりが言ってくれます。

そういう姑息な手段で最悪の2次会は回避してきました。 でも理想は会社では、誰とも飲みにいきたくはないのです。

毎日遅くまで飲みに行きたがるオジサンは、いかに家庭に居場所がないのか想像に難くないですよね。。アホクサ。。