部下のやることを否定するクソ上司について。

スポンサーリンク

 pose_kubifuri_man.png

あなたはクソ上司から、何でもかんでも否定されることはないでしょうか?

ことごとく会社でやることなすことを否定された経験を僕は持っています。

ではなぜ上司は部下を否定するのでしょうか?

部下を否定することで、自分の存在価値を見出している。

 

仕事のできないクソ上司ほど、毎日やることがありません。

プライドも高いため、新しいことにチャレンジもしないのです。

だってチャレンジして失敗することが怖いですからね。

よって毎日暇ですので時間つぶしのために、部下のやることを全力で否定します。

それがクソ上司のストレス解消方法です。

オレは偉いんだ!!と偉ぶりながら、もっともらしいことを言うことで、自分の存在価値を保っているのです。

本当に悲しい人間ですよね。

家庭でも居場所なくいじめられているため、部下にストレスを吐き出している。

 

この確率はかなり高いです。

部下を否定するクソ上司って、家庭不和の人が多いんですよね。

奥さんからやることなすこと否定されていると、上司も人間ですのでストレスが溜まります。

ではそのストレスはどこで発散しているのか?

そうです。部下に吐き出しているのです。

家庭の問題を部下にまで吐き出さないでくれよと思いますが仕方ないのでしょうね。

生き甲斐が会社にしかないサミシイ人間ですので、吐き出し先は必然的に部下となります。

でも部下としてはたまらないですよね。

上司に否定され続けて休職した部下をたくさん見てきました。

こういう上司はかなり自分が正しいと思っている。

 

この手のタイプは自分を正当化します。

オレは完璧でミスもしないし、お前らとはレベルが違うんだ!!と絶対的な自信をもっています。

この時点で痛い人間なのですが、本人は自信満々です。

部下が何を言っても聞く耳はもっていません。

だって自分はパーフェクトヒューマンだと思っていますからね。

まあこういう上司と付き合わない方がいいです。

しかしサラリーマンをやってると人付き合いで疲弊します。

みなさんも距離を置いて適当にやっていきましょう。