サラリーマンでも本音を言うべきである。

スポンサーリンク

kaisya_okoru.png

こんにちは。

サラリーマン社会では、本音が言えない空気があります。空気を読む力が大切だと言う上司もいるほどです。

しかしサラリーマンは本音を言ったら駄目なのでしょうか?

1、本音を言うと上司は沈黙する。

僕は誰に対しても本音を言います。それが上司でも部下でも同じです。よく上司にはヘコヘコし、部下には厳しく接する人がいます。

人間として尊敬できますか?僕はそんな人と仕事をしたくないです。 しかし上司に本音を言うと沈黙します。

普段偉そうな上司ですが、部下に本当のことを言われると黙るのです。それはなぜでしょうか? 自分のやっていることが正しいと部下に言えないからです。

「おかしなことしているな。」と気づきながらも修正できないまま何も改善をしていないから後ろめたいのでしょう。

だって部下から本音を言われても、正しいことをしているなら、部下に言い返せますよね。

2、本音を言う部下は嫌われる。

本音を言う部下は上司の核心をついてきます。核心を突かれた上司は、プライドを傷つけられ気分を害します。

結果、上司はどこでストレスを晴らすのでしょうか。査定での嫌がらせでしか部下に仕返しができません。 僕は査定で嫌がらせをされた経験が何度もあります。

仕事を頑張ってもボーナスが下がったりしました。でもそれでも僕は気にしていません。

給料が上がろうが下がろうが、本音を言えずにストレスを溜めることの方が人生後悔します。いい意味で好き勝手に生きるように心がけています。

3、本音を言わないと組織も活性化しない。

本音を言わないと組織も活性化しません。しかし誰も本音を言わないのです。

本音を言うことで上司が気分を害し自分の評価が下がる、いじめられるとビビッてしますのです。

しかし本音を言っても大丈夫ですよ。経験者の僕が保証します。

上司なんて自分の立場を守ることに必死です。部下から突き上げに対して、内心はビクビクしているのですよ。だって上司にはチキンマンしかいないのですから。