会社で違和感を感じられる技術を身に付けよう。

スポンサーリンク

figure_question.png

こんにちは。

会社の出来事って、違和感だらけです。でもそれを感じながら、生きてる人は少ないですよね。でも違和感を感じられる技術は身に付けましょう。

1、普段の生活が、当たり前と思う時点で思考回路停止である。

会社での生活はどんな感じでしょうか?決まった時間に起床、出社、会議、仕事、退社、飲み会を繰り返していないでしょうか?

実はこの時点で、あなたの思考回路は止まっています。僕は違和感を感じながら生活をしています。(しかしサクッとサラリーマンを辞められない時点で、僕もまだまだですが。。)

まず取り組みやすいことから始めましょう。いつも言っていますが飲み会です。まず飲み会に違和感を感じましょう。

会社で同じ人間と、毎回飲んで意味がありますか?あなたの能力は上がりますか?たまにならいいでしょう。

しかし毎度同じ人間と飲んでも、時間とお金の無駄ですよね?

こういう違和感を感じる技術は大切です。次は出社、退社に違和感を持ってみましょう。

流行りの早朝出勤を実施してみるとはどうですか?朝早く来て定時に帰るなど、生活リズムを変えると、生き方も変わってきます。

このように違和感を持ち、毎日を少しでも変えるという意識を持ちましょう。これを続ける事が、自己成長に つながると思って下さい。

2、サラリーマンは変化が嫌い。

サラリーマンは変化を嫌います。よく親が子供になって欲しい職業は?と聞かれたら何と答えているか知っていますか?そうです、公務員と多くの親が答えるのです。

そんな人(親)が、サラリーマンやっているのですから、変化を好むわけありませんよね。しかし子供に公務員になって欲しいとは日本もオワコンです。

だから変化を好むサラリーマンは、社内で煙たがられます。意見、答申をする人は社内で孤立しますよね。まわりは今の環境=安定=壊したくないという思いが強いのです。

3、変化を好まないサラリーマンはいつか滅びる。

この時代で変化を嫌うことは論外です。AIの普及で確実に仕事は減るでしょう。そんな世の中で、今の仕事がずっとある訳はないですよ。

もっと人と違ったことをしましょう。そのためには、今の環境が居心地が良すぎては駄目です。思考回路が停止します。

常に痺れる環境を作るべく、毎日の改革が必要です。

イチローの日産CMって覚えてますか?「変わらなきゃも変わらなきゃ。」そうです、変わるだけでは駄目なのです。

更に変わらないと駄目なのです。 僕なら、こうあなたに言いたいですね。

「環境に違和感を感じて、変わらなきゃ。」と。。