サラリーマンは100%がんばるな!!

スポンサーリンク

IMARIC20160805310323_TP_V.jpg

こんにちは。

100%がんばるなとか書くと叩かれそうですが。。

でもサラリーマンは、がんばりすぎると駄目なんです。

1、100%でがんばると、仕事がドンドンおりてくる。

日本の組織は仕事の境界線が曖昧です。自分の仕事が終われば、はいサヨナラ帰宅とはいきませんよね。

できる人ほど、仕事がふってきます。 毎日100%で仕事をしたら大変ですよ。あなたは仕事ができますので、上司、同僚から100%以上を求められます。

となればどうなるでしょうか?残業で仕事を処理することになります。結果、身体面、精神面に負担がかかります。

無理をするほど悪循環となり、うつ病になるのです。

会社なんか、仕事ができない人もたくさんいますからね。あなたの1割しか仕事しない給料泥棒もいます。

そんなヤツでも、あなたと給料は変わりません。責任感が強くて真面目な人ほど、損をするシステムなんです。

これがフリーランスの人なら、100%全力でもOKでしょう。やればやるほど自分に見返りがありますからね。

2、仕事の稼働率は80%がよい。

とは言っても仕事はキッチリしたいものです。社内であいつは給料泥棒だと言われるのもたまりませんからね。

だから仕事をする上では、稼働率80%を目指しましょう。決して稼働率100%を目指してはいけません。

この稼働率80%はポイントなんです。残りの20%は体力面、精神面、緊急対応、トラブルの観点から余力を残しておく。

そうすることで、自分自身に余裕が生まれ、セルフコントロールもしやすくなります。最近の時事ネタを使うと、クロネコヤマトは良い例ですよね。

今まで100%でがんばってきました。しかしオーバーフローして、配送が回らなくなったのです。

結果、配送を断るなどして、稼働率を下げようとしています。

この方針転換は、クロネコヤマトにとっては良いことだと思います。

だから遅くまで残業するのはやめましょう。常に80%で稼働という意識を持つことが大切です。

会社なんか組織集団ですから、あなたの20%は誰かがやってくれます。そういう気持ちを持つことが、自分自身のセルフケアにつながるのでしょうね。