サラリーマンは優先順位をつけて仕事を処置するべし。

スポンサーリンク

nagedasu_hakui_man.png

 

こんにちは。

 

仕事がたまると、みなさんも頭の中が混乱しませんか?どれからやっつけたらいいんじゃい!みたいに頭がパニックになります。

 

個人的な見解ですが、仕事を整理する方法として、優先順位をつけてしまいましょう。

 

1、究極は優先順位をつけないほうがよい。でも初めは、優先順位をつけることをおすすめ。

 

ベストな方法は優先順位などつけるべきではないです。あらゆる本にもそれは書いています。だって順位などつけずに、片っ端からやっつけた方が効率はいいですからね。

 

しかしこの手段は、スキルの高い人向けです。いきなり優先順位をつけずに、仕事をこなそうとすると更に混乱してしまいませんか。

 

よって手始めに整理する手段としては、優先順位をつけてください。優先順位をつけることで、頭の中の整理ができます。 ちなみに僕が実践している優先順位の付け方は以下です。

 

・仕事をA、B、Cとランク付けをする。

 

たまっている仕事を3レベル程度にランク分けしてください。そうすることで重要な仕事、普通の仕事、大したことがない仕事が明確になります。

 

Aランク・・・重要な仕事、期限が迫っている仕事、完了させるまでに1日以上はかかる重たい仕事。

 

Bランク・・・それほど重要ではない、期限も余裕あり、完了させるまでに数時間あればできてしまう仕事。

 

Cランク・・・軽くて期限などもない楽な仕事。やっつけでも何とかなるレベル。

 

というように仕事をランク付けするのです。決して、簡単な仕事からやり始めるのはNGです。

 

Aランクの嫌な仕事から処置をしましょう。Aランクをやっつけてしまえば、残りの仕事なんて、カスみたいなもんですよ。

 

2、仕事のできない人は、嫌な仕事から逃げて、簡単な仕事から始める傾向がある。

 

仕事のできない人って、優先順位をつけるのが下手くそなんですよね。また、上級者みたいに、仕事を片っ端からやっつける能力もない。

 

時間だけ無駄に浪費して、1日が終わるパターンが多いんです。だから無駄に残業時間も増える。 よくまわりにもいませんか?あの人は、毎日何をしてるんだろう。

 

なぜ毎日忙しそうなんだろう?という人です。こういう人には、優先順位をつけてあげることで、仕事の効率化は大幅に改善することができます。

 

実はサラリーマン社会って、仕事がシステム化されているようで、実際はシステム化がされていないんですよね。コンプライアンスとか、ルールとかはうるさいくせに、手段、手法は結局、個人任せなんです。

 

これでは個人の能力が高い人に仕事がまわり、能力の低い人は毎日遊んでるような感じになるのです。 だから会社で、仕事の優先順位をつけるマニュアルとかを統一するだけで、残業時間も大幅に減りそうなんですけどね。

 

ということで仕事には、優先順位をつけることをおすすめします。優先順位をつけることを習慣化しましょう。そうすることで、あなたの処理能力は数倍にもなりますよ。