サラリーマンって金にセコイやつが多すぎる。

スポンサーリンク

money_kechi.png

こんにちは。

今日はお金について、書きたいと思います。

サラリーマンで金に執着しているヤツほど、仕事ができないと思いませんか? ただでさえ、スキルの低いサラリーマンが自己投資、他人へのギブをせずに、ケチケチ金を貯めても意味がないですよ。

そういうやつは数年後の社会では、恐竜のように滅亡マチガイなしです。さっさと滅んでくれ! そもそも、ケチケチマンはお金へのリテラシーが低いため、お金を貯め込むという手法しか知らないんですよね。

株式投資、FX、自己投資、他人へのギブなど、お金なんて使う機会はたくあんあるはずです。

1、まずサラリーマンは自己投資をしない。

何十年もサラリーマンをやってるのに、ろくに会計帳簿も読めないオジサンが多いこと。あんた何年仕事をしてきたの?と首をかしげたくなります。

という僕も、若いときは無知でした。だからヤバいと思い、必死に勉強をしました。おかげ様で、一定レベルの会計知識は身についています。

でも、この時の自己投資費用なんて安いものですよ。資格取得まで含めると、1万円、2万円程度の出費ですからね。

まあ他に法律関係も勉強しましたが、3万円程度あれば十分だと思います。 でもたかが3万円をケチるやつはケチるんです。

3万円ですよ?飲み会を10回我慢すれば、終わりです。3万円投資するだけで、自分がレベルアップするんです。

それを、時間も金も無駄な飲み会に投資してどうするの?と。。そりゃあ、若者の方がスキルは高くなりますよね。

2、他人へのギブをしない。

サラリーマンは、他人へのギブが少なすぎます。目上、部下問わず、お金は出すときは出すべきです。

それはコーヒーでも、食事でも、居酒屋でもなんでもいいんですよ。 他人への感謝を込めて、ギブをすればするほど、相手からのリターンが期待できます。

もちろん、リターンを期待してのギブはいけません。お返しはいらないけど、こちらはあなたに奉仕しますよという精神が大切です。

例をあげてみましょうか。他部署と一緒に仕事しているメンバーが、結婚、出産しました。まわりの人は、お祝いさえしません。そこで、あなたが3000円でもいいので、その人にお祝いを渡したらどうでしょうか? 少なからず感謝はされますよね。

これが今後、仕事の潤滑油になるかもしれません。たかが、3000円の投資でお互いが信頼関係になるのです。こんな簡単なことはないですよ。

でも、ケチケチマンは3000円も払いませんし、居酒屋もおごりません。究極は、喫茶店のコーヒー代も割り勘する強者もいます。

そんなセコイやつが、会社で生き残っていけるでしょうか?スキルもない、人脈もない、金融リテラシーもない、すべてがないのです。

本当にサラリーマンはセコイやつが多いです。

これからの世の中で、投資しない人は生き残っていけませんよ。

本当にお金って、自分へのリターンのために、どんどん使っていくべきだと思います。