部下が上司に意見を言うのは大問題。

スポンサーリンク

gomasuri_businessman.png

 

こんにちは。今日は、サラリーマンの厳しい実態について書いてみます。

上司が部下を叱ることは日常茶飯事です。

 

みなさんの職場でもあるでしょう。上司から叱られることです。まあ失敗すると、叱られることもありますが、些細なことでも叱ってくる上司もいますよね。

 

 

ひどいレベルですと、「お前はバカか!!」「頭がおかしいのか!!」など人格否定されることも珍しくありません。それでも仕事中だけならまだマシですよ。

 

ひどい時は、飲み会で叱ってくる上司もいます。怒り+酔いも加わって、本当に恫喝してくる上司もいますからね。

 

ひどい上司ですと、酒をかけられた若い人などもいるみたです。ここまで来ると完全に犯罪ですよね。

 

それでも会社で問題になることはありません。部下は上司から犯罪レベルの仕打ちを受けても我慢するしかないのです。

 

一歩間違えると、暴力、恐喝とかも会社の中ではあるのかもしれません。本当に会社の中では、治外法権状態なんですよ。本当に恐ろしいことです。

 

でも部下が上司を突き上げると大問題になる。

 

しかし会社国では、部下が何かを言うことは許されません。上司に熱い思いを言おうものなら、社内で大問題になるのです。

 

だから部下は上司に意見を言ったら駄目なのです。本音を言わずに我慢をしなければならないのです。

 

でもそんな組織が長続きするでしょうか?上司と部下が本音で通じ合わない関係。特に部下は正しいものは正しい、間違っているものは間違っていると言えません。

 

それでも上司としては、部下が本音を言わないことを望んでいます。 ということは上司は会社を発展させよう、成長させようという意識はありません。

 

だって発展させたいのであれば、部下からの進言を積極的に聞くべきですよね。でもそれを否定する、ということは「事なかれ主義」の精神が宿っているとしか言えません。

 

だから、組織なんてそんなレベルなんです。ハッキリ言って、子供のお遊戯会と一緒なんです。

 

表向きには、会社を発展させよう、売上高を伸ばそうと言いますが、心の中ではどうでもいいんですよ。

 

結果、自分に逆らってこない洗脳された若者を大量生産し、個性を完全に封じ込めるのが会社組織なのです。

 

でも最近は時代も変わりつつありますので、そういう会社も淘汰されるでしょう。いつかはそういうクソ会社は消滅し、みなさんが生活しやすい会社だけになってほしいですね。