サラリーマンは大半が情弱なんです。

スポンサーリンク

ransomwareIMGL1908_TP_V.jpg こんにちは。

今日はサラリーマンほど情弱な人種はいないなと思っています。どこまで情弱なのかと言うと、最高級のレベルにあるのではないでしょうか。

1、世の中を賑わしている仮想通貨を買ってみた。

今、仮想通貨のブームがすごいです。ビットコインを筆頭に何種類もの仮想通貨がありますよね。

私もビットコインとイーサリアムを買いました。

また並行して仮想通貨について、ネット検索、本を読んで知識を頭の中にいれましたよ。

まあ余剰資金でやりましたので、多少利益が出たところで売り払いました。まあ利益が出たのはいいのですが、

仮想通貨の細かい知識については語れません。あくまで概要のみです。

まだまだ勉強不足ですね。 今、仮想通貨に熱中している人が多いみたいです。

主婦層でさえ、毎日の値動きに夢中で家事が手に付かないとか。ひどい人だとレバレッジをきかせて、何百万円も投資している人もいるみたいです。

ただ残念なのは、仮想通貨を勉強している人が少ないんですよね。価格の値上がりだけ気にして、仮想通貨の特徴、今後の動向などは勉強していない。

これでは最終的に主婦層も大損をこいてしまうでしょう。

投資するなら、「なぜこの通貨にお金を投資するのか。」という目的は明確にしたいですね。

2、しかし会社の職場などで仮想通貨の話題が出ることはない。

とは言いながらも主婦層は仮想通貨に関わってはいます。もっと残念なのは、サラリーマンです。サラリーマン層の大半は仮想通貨の概要さえ知らないのではないでしょうか。

ちなみに私の職場で仮想通貨が話題に出たことがありません。おそらく大半の人は株取引さえしたことがないでしょう。

よって資産運用の知識が非常に乏しいのです。毎日社会に出て働いているのに残念ですよね。

日本市場の変化を家にいる主婦層が感じることは大変ですが、毎日会社に出ているサラリーマンなら資産運用はしたほうが良いと思うんですがね。

3、結局、サラリーマンって情弱なんです。

毎日、新聞を読んでるオジサンって実は情弱なんです。ツイッター、スマホで情報収集もしないし、毎日紙の媒体を眺めているだけなんです。

だって新聞には株価の動向はもちろん、仮想通貨のニュースは載っていると思いますよ。普通の感覚なら、仮想通貨を勉強しようかな、少し口座開設して買ってみようかなってなるはずです。

それをしないということは、新聞の記事を読んで満足しているの過ぎません。

これって情弱としか言えませんよね。要するに行動力がないのです。テレビに出ている評論家と何も変わらないのですよ。

それでも大半のサラリーマンは、オレは常に新聞を読んでるから情報通なんだぜ!と思い込んでいます。私からしたらイタいな~と思わざるをえません。

それなら仮想通貨に夢中な主婦層のほうが100倍情報通ですよね。

だから情報を仕入れたら行動することをオススメします。別に100万円投資しろとは言いません。

1万円でもいいのです。色々やってみることこそが、情弱から脱出する方法なんですよね。