サラリーマンが最強だと思っているオジサン⇒やばいよ、時代遅れだよ。。

スポンサーリンク

pose_makasenasai.png

サラリーマンが最強だ!

会社に勤めているのがカッコいいとか、スーツ着てるオレはイケてるとか大半のオジサンは思っています。

会社の飲み会で自慢話が多いのも納得しますよね。「サラリーマンって最強なんだぜ!」と思い込んでいるバカがどれほど多いことか。

たしかにサラリーマンは最強とは言わないまでも、安定した職種であることは否定しません。

何もしなくても一定の給与は入ってきます。また年間に120日程度の休暇も保障されます。(ブラック企業はのぞく。)

これほど楽な職種って他ではありませんよ。自営業もフリーランスも自分で稼いでいるため、毎日緊張の連続という話も聞きます。

しかし安定していることは裏を返せば非常に危険な状態です。

安定に依存すること=危険なリスクは潜在化しているのです。

最近の話題ですと、東芝でしょうか。無能な東芝社員は転職もできない、給与も下がるの二重苦です。

近いうちにリストラにあうかと思うと、夜も眠れないという話も聞きます。精神的にもよくないですよね。

逆に仕事のできるサラリーマンは安定を望みません。ダメであれば早々と見切りをつけて日立、三菱などの総合電機メーカーに転職しています。

だから世間的に東芝、シャープの話題が出ているのに、サラリーマン最強説を語るオジサンはバカとしか言いようがないです。

昔のように終身雇用、昇給も確約できません。

たしかに昔はサラリーマンは最強だったのでしょう。毎年1万円以上昇給し仕事も適当にこなす。しかも定年まで就寝雇用が保障される。

まさにネバーランドのような生活を経験していますので、いまさら現実にもどりたくない気もわかります。

大企業に入社して、昇給もすごかった、毎日飲み会、タクシー、土日はゴルフなど・・・会社の人と遊んで金を使ってナンボ精神がとても強いかもしれません。

また同期入社も多かったでしょうから、同期に負けじと仕事を頑張らないとダメだという洗脳意識も強いのでしょう。

毎日終電までがんばるオレってカッコいい、土日も自発的に出勤しているオレはイケてる。

やればやるほどお金も役職もついてくると思ってがんばってきました。

でも残念ですが、今はそんなバブルのような時代ではありません。

転職なんてとても簡単にできますし、人の入れ替わりも激しくなっている。

また世の中が変化(週休3日、在宅勤務、副業等)しつつありますので、働きかたも変わりつつあります。

たしかにバブル時代の働きかたを今の時代にしていると誰も会社にいなくなってしまいます。

だからサラリーマンの意識も大きく変わりました。

会社=人生のすべてではなくなったのです。

会社は金を稼ぐための手段であって、毎日終電まで仕事をする理由もなくなりました。

そんな時代で、死ぬまで会社にしがみつく人はいません。

わたしも今の会社に愛着はありません。クビになったらなったときに考える。

別に上司にゴマもすりません、人に否定されようが知ったことではないです。

そんな小利口な人生を歩むなら、自由に生きてストレスフリーの人生を選びます。

そう考えるとサラリーマンが最強ではないのはわかりますよね。

今ですと、フリーランスが最強かもしれませんし、10年後には新しい職業が最強かもしれません。

いずれにしても時代の波に乗る感覚は身につけてほしいですね。

同じ環境に依存して、最強だ!最強だ!と思い込んでいると、10年後には絶滅しているかもしれませんね。

だから今のオジサンはヤバいんですよ。本当におわっています。