サラリーマンなら折り畳み傘は必需品だ!!

スポンサーリンク

rain_kasatate_kasa.png

 

雨の多い季節ですので、通勤時における傘は必須かと思われます。しかし都内ですと満員電車の中で長い傘を持っていると、まわりの乗客から嫌な顔をされることはありませんか?

 

 

私は以前、濡れた傘をなるべく人に当たらないよう腕に抱えていたのですが、少しの滴が気に入らなかったのか、若い人にエライ剣幕で怒鳴られたことがあります。

 

 

それ以降、長い傘を持ち歩くことはやめました。今は折り畳み傘を常用しています。サラリーマンしている限り電車通勤は避けられませんので、折り畳み傘の方がメリットがあるなと痛感しています。

 

 

1、折り畳み傘だとカバンに収納することができる。

 

 

当たり前ですが、折り畳み傘ですとカバンに収納ができます。よって濡れた傘をビニル袋に入れてカバンに入れるだけで、通勤時の濡れた濡れないのクレームも発生しません。

 

 

結構、折り畳み傘使っている人が少ないんですよね。コンビニのビニール傘を愛用しているサラリーマンを多く見かけます。 で雨がやむと飲み屋に忘れてきたり、または持ち帰るのがめんどうで荷物になったり大変そうです。そう思うと折り畳み傘は持ち運びに融通がききますよね。

 

 

2、急な雨にもカバンから出して使うことができる。

 

 

急な雨に降られるとやっかいですよね。傘を持っていないとコンビニを探して、ビニール傘をわざわざ買わなければなりません。 しかも安物傘に500円程度払わなければならずメリットがありません。

 

 

小型の折り畳み傘も500円くらいです。値段は変わらないですよ。 それをカバンに常備するだけで急な雨にも乗り切れます。だからみなさんにも折り畳み傘をオススメしますよ。

 

 

今の折り畳み傘は非常に小型で軽量です。昔のような重たい感じの傘はあまり見かけません。 ただ小型傘ですので大雨の時はびしょ濡れになる可能性は否定できません。そこは割り切って私は折り畳み傘を愛用しています。