残業するとロクなことがないことを3つ書いてみた。

スポンサーリンク

00_PP28_PP_TP_V.jpg

 

残業することが、これからの時代において、不幸になることは間違いないでしょう。 本当につまらないプライドで、自分に酔って毎日終電まで働きつづけるメリットはないですよ。

 

 

残業すればするほど、家庭も崩壊し自分の身体もおかしくなっていきます。 島耕作にあるような毎日終電、毎日飲み会ではロクな人生は歩めそうにありません。

 

ではなぜ残業がロクでもないのか3つ書いてみました。

 

 

1、家庭での会話がなくなる。ようするにコミュニケーション不足であるということ。

 

 

当たり前ですが、残業すると家族との会話が不足します。 奥さんはもちろん、子供とも会話ができなくなりますよね。 そうなると家族はこう思います。「あ、お父さんって仕事でいつも家にいないな。もういないモノとして扱おう。」となってしまう訳です。

 

 

だからたまに休日に家にいるとウザがられるんですよね。また最悪なことに大半の父親は家でゴロゴロしやがるんですよ!!

 

 

たまにしかいない父親がいるだけでウザいのに・・・そのたまにいる父親がソファーでゴロゴロされたらたまりませんよ。 たまにしかいない→たまにいる→ウザい→ゴロゴロしている→もっとウザいという負のスパイラルです。

 

 

だから残業してばかりでたまにしか家にいない父親は最低でも家族サービス、家事、子育てに注力するべきなんです。 決してオレが稼いでるとかクソ発言はダメですよ。

 

 

それを言うだけで家族との絆はジエンドです。

 

 

2、残業すると体力が奪われる。結果、体調が悪化する。

 

 

残業は体力を消耗します。例で言うとドラゴンボールの人造人間にエネルギーを吸収されるくらいです。 私も昔はバカみたいに残業をしました。結果、朝起きるとシンドイ、身体が思い、頭痛がするなどの症状に悩まされたのです。

 

 

そりゃ睡眠時間が3時間とかなら体調も悪化しますよね。 今でこそ日本社会も体調管理が叫ばれていますが、ひと昔のCMですと、24時間働けますか!!みたいなCMが流れまくっていました。

 

 

今から考えると、恐ろしいCMを平気でお茶の間に流すなあ。。 でも残業することほど体力を奪われる行為はないんですよ。 一歩間違えると生死にかかわることなんです。だから無理な残業はクソなんですよね。

 

 

 

3、残業すると自分の時間が取れなくなる。結果、自己啓発ができなくなる。

 

 

これが一番最悪かなと思います。残業すると自己啓発ができなくなります。 社会人はただでさえ勉強しないですよね。 しかし学生の時は勉強するのになぜ社会人になると勉強をしなくなるのか?

 

 

まあ仕事をしているから勉強はしなくていいや。。という思いもあるかもしれませんが、それ以上に残業をすることで、自分の時間が取れないことが原因でしょう。 自己啓発を阻害する残業なんてオワコンですよ。

 

 

残業すればするほど、能力は劣化していきます。 まず視野が狭くなります。頭の中が仕事で占有されますので、余裕がなくなりますからね。 あと時間が取れない、疲れるなどで思考回路も停止します。

 

 

そんなこんなで勉強する機会が失われます。 そうなると低能のサラリーマンの誕生です。 そして貴方は行き場のない会社が倒産したら生き残れない人間になっていまうのです。

 

 

そう思うと本当に残業はいかにクソであることがわかるでしょう。 みなさんも出来る限り残業はやめて新しい世界を切り開いてください。