まだ会社の残業、飲み会で時間をつぶしているのですか?

スポンサーリンク

PAK88_yopparai20140921200627_TP_V.jpg

 

 

 

こんにちは。今日は時間がいかに重要なのかを書きたいと思います。

 

 

 

1、残業がいかに非効率であることか。

 

 

 

経団連が残業削減ということで、100時間未満にしようという話がありました。

 

 

 

100時間って意味あるのか。100時間って週休2日なら毎日5時間も残業しないとダメです。

 

 

 

このご時世に100時間残業なんてありえないですよ。経団連も改革しようという気持ちはないですね。

 

 

 

では残業50時間ならどうでしょうか。みなさん心身共に健康になりますか?

 

 

 

いや残業20時間くらいがベターですかね?それなら毎日1時間の残業でいけますよ。

 

 

 

とわたしは思いません。残業なんかゼロでいいんです。むしろ定時時間を早めてほしいくらいです。

 

 

 

9時17時でも8時間拘束されるんですよ。毎日8時間ですよ!1日の3分の1も働いているのです。

 

 

 

それにプラスで残業するなんて狂気の沙汰です。ワークスタイルがクレイジーですね。わたしも昔は残業していましたが、時間をドブに捨てるのはもったいないと気づいたので最近はしません。

 

 

 

また残業していると身体に変化がでてきます。

 

 

 

・疲れからくる急なハイテンション状態。

 

 

 

疲労からくる影響からでしょうか。急にテンションがハイになります。疲れがマックスでもテンションがめちゃめちゃ高くなるんですよね。

 

 

 

このときの仕事のスピードは鉄板です。サクサク仕事が進むのです。しかし時間が過ぎると異常な疲れがやってきます。(反動がスゴイ)

 

 

 

これってアルコールが入った酩酊状態に似てるんですよね。脳内がマヒしているんですね。

 

 

 

・寝つきが悪くなる。

 

 

 

遅い時間まで頭をつかいますので、異常にさえてるんですよね。結果、布団にはいっても寝られません。

 

 

 

すると翌朝は寝不足になります。しかも翌日も残業で身体に疲れがたまります。まさに負のスパイラル。

 

 

 

そう思うと身体にムチをうちながら寿命を縮める残業をつづけるなんてナンセンスでしょう。

 

 

 

くわえて時間も無駄にします。本当に残業なんてロクなものではないと最近痛感しています。

 

 

 

2、会社の飲み会が無駄で時間がもったいない。

 

 

 

会社の飲み会も残業と同レベルでクソみたいなものです。

 

 

 

週に2日のみにいったとしましょう。2時間飲むだけで、毎月16時間浪費しているのですよ。

 

 

 

つまらないオッサンと飲んでも学ぶことなんてないですよ。ノミニケーションとか言うけど、ボキャブラリーの乏しいオッサンと飲み会してもねえ。。

 

 

 

くわえてお金も飛んでいきます。毎回3千円でも月にすると2.5万円になります。年間にすると30万円。うわーキツイな。。

 

 

 

それだけあれば自己啓発に投資したほうがはるかに価値がありますよね。

 

 

 

また二日酔いで体力も消耗します。飲み会の翌日って本当に体調が悪くなるんですよね。

 

 

 

身体はだるいし頭も痛い。その日は仕事の効率面もおちます。それでも飲み会を強制するオジサンって。。

 

 

 

よくサラリーマンはプロフェッショナルであれといわれるけど、プロフェッショナルなら飲みにいったら駄目でしょ。

 

 

 

だから残業、飲み会って本当に無駄なんです。あなたも少しでも早く洗脳された社会主義国から脱出したほうがいいと思いますよ。